節約ドットコム

自称超合理主義者の節約的雑記ブログ

『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』

1940年代から50年代のアメリカという、

「赤狩り」が猛威を振るった時代に不屈の精神で己の信念を貫いた脚本家 ダルトン・トランボを描いた伝記ドラマです。

かの「ローマの休日」脚本するなど、あまたの名作を映画史に残してくれている脚本家ですが、

「ローマの休日」を含む2つのオスカー受賞作品はいずれも偽名での執筆を強制されます。

レッテルを貼られ、いわれなき汚名、迫害の中で苦悩し苦難し、ハリウッドだけではないアメリカ全体が異様な空気に包まれ、

権力の乱用が当然のようにまかり通る中、人としての「矜持」を見せつけてくれます。

アメリカといえば何よりもまず「家族愛」。

こんなにも息苦しい時代が舞台であるにもかかわらず、「家族への愛」又は「絆」がストーリーの根底を支えています。

この部分が確固たるものとして存在しているので、観終わった後にすがすがしい気持ちになれるのだと感じます。

米ソ冷戦体制時代が舞台の映画・ドラマはどれをとっても苦しいものばかり。

特に今回の題材は悪名高い「赤狩り」。

共産主義的思想を完膚なきまでに叩き潰し排除しようという恐ろしい政策をとことん実行しています。

その糾弾の標的の一人になってしまった主人公は犯罪を犯したわけでもないのに収監されてしまいます。

このように、一人の伝記でありながら、アメリカの歴史映画という側面も持ち、

ヒューマンドラマでもありながら、風刺映画にも見えます。

他国のことではありますし、その当時の日本人はもっと・・・、

みたいに比較するのは短絡的のように思えます。

どの国の話であろうとも人の権利や真理を追いかける正常な欲求を奪い取ってしまおうとするのは横暴であり野蛮なものです。

野蛮なものに立ち向かう「勇気」や「正義の心」は現代の私にも重く響くものがありました。

間違いなく自信を持っておススメできる一本です。

ついでに主演は、「ブレイキング・バッド」のブライアン・クラストン。

こちらのドラマも最上級におススメです。



”節約ドットコム”



『安心・信頼のVisaといったら三井住友VISAカード』


『入会金・年会費無料!の大人気カード』


FC2Blogランキング
  1. 2018/04/04(水) 15:00:00|
  2. 映画評論
  3. | コメント:0

NOLTYの手帳

さて新年度です。

わたくし、新年度に入り手帳を持つことにしました。

前年度は仕事用の手帳を持たずに仕事をやってきました。

それ以前はずっと手帳にお世話になっていましたが、

仕事のスケジュール管理のための手帳はもういらないだろうという数年間の感覚から廃止を検討し一年間だけ実行しました。

日々の体調管理等のための完全プライベートの日記は付けていましたが、仕事用の手帳は必須か?という疑問からのチャレンジです。

結論はやっぱりあった方がいいということになりましたが、

それは去年思いもよらぬ仕事の繁忙ぶりのせいで、それ以前の私の感覚を上回ってスケジュールが入ってきたためです。

1年間そうした環境で働いた率直な感想として、手帳がなくても何も問題ないというのが本心ですが、

これだけ忙しくいろんな業種の方とお付き合いすることで、何かあったときの場合のために、

最低でも数年間は記録を残しておいた方がいいだろうという考えからの結論です。

何かあったときのために手帳をつける・・・

いやらしいかもしれませんが、スケジュール帳や日記は思っている以上に証拠能力が高いのです。

仕事上それも一つのリスク管理なので、会社の議事録とは別に、

また、何かあった場合に初めから第三者に見せるつもりで書いたわけではないプライベート日記を証拠にしたくはないので、

完全仕事用のスケジュール手帳兼メモ帳をまたつけるようになりました。

私が手ぶらで仕事をする領域に突入するにはまだまだということですね(笑)

使用する手帳はありきたりですが、「NOLTY」ブランドの物です。

使いやすいんですよねぇ~

”節約ドットコム”



『安心・信頼のVisaといったら三井住友VISAカード』


『入会金・年会費無料!の大人気カード』


FC2Blogランキング
  1. 2018/04/02(月) 15:00:00|
  2. 雑談
  3. | コメント:2

平成30年3月31日

3月も今日で終わりですね。

ついこないだお正月だったのにもう4月を迎えます。

今年ももう3ヵ月経ったんだと思うと時間の流れが恐ろしく感じます。

「天地は全く寂然として動かないが、その間にも天地のはたらきは、休むこともなくとどまることもない。

また、日月は昼夜、たゆみなく運行しているが、しかも日月の正しく明らかなことは、永遠に変わることはない。

それ故に君子は、ひまな時には、とっさの場合に応ずる心構えを持つ必要があり、

(反対に)、忙し時には、悠々閑々たるゆとりある趣を持つ必要がある。

中国・明時代の名著「菜根譚」の一節です。

君子ではありませんが、こうした心構えを持ちつつ日ごろの生活を送っていきたいものです。



”節約ドットコム”



『安心・信頼のVisaといったら三井住友VISAカード』


『入会金・年会費無料!の大人気カード』


FC2Blogランキング
  1. 2018/03/31(土) 15:00:00|
  2. 雑談
  3. | コメント:0

ゴールデンウィーク計画編

今年のゴールデンウィークは「鹿児島」です。

私が旅行に行けるのはゴールデンウィークだけなんですよねぇ・・・

できれば人の多い場所には行きたくないと思っていますが、今年は大河ドラマの舞台と被ってしまいました。

去年のうちから鹿児島にしようと思っていたので他の観光客が多いだろうけどそこは我慢します。

年末に旅館に予約を入れたとき、もうすでに残り僅かという状態でしたので例年以上の混雑を覚悟しています。

北海道という案もあったのですが、鹿児島・指宿案が僅差で勝利したのでしょうがありません。

脳内投票ですが(笑)

来年こそは北海道・・・ではなく、海外だと決めております。

場所は未定。

アジアでは台湾、アメリカ大陸では北米、ヨーロッパではスペイン。

といったところが候補になりますが、来年のことはさておいて今年の計画をそろそろ立てないといけません。

泊まるところの確保は無事できたので気が楽ではありますが、他の観光客となるべくバッティングしないようなスケジュールを組みたいものです。

おいしいものを食べて砂風呂に入るという基本を押さえていれば最低限の満足感を味わえるはずです。

知らない土地を歩くだけでも十分満足できるのに、その土地が鹿児島・薩摩半島ならなおさらです。

桜島も、種子島も、屋久島も、今回の旅では捨てています。

また別の機会に計画を立てないと一度に全部を十分に回ることはできないので、

旅行の計画を立てるときは、欲張りすぎないことをモットーにスケジュールを組んでいきます。

「一つの旅、一つの思い出」が大原則です。

学生時代の修学旅行ではあっちもこっちもと予定を詰めすぎるので、結局、移動時間の記憶がたくさん残ってしまうみたいなことがありました。

その当時からの勝手なモットーですね。

週末にでも旅行雑誌とにらめっこして計画を練っていきたいと思います。

”節約ドットコム”



『安心・信頼のVisaといったら三井住友VISAカード』


『入会金・年会費無料!の大人気カード』


FC2Blogランキング
  1. 2018/03/28(水) 15:00:00|
  2. 雑談
  3. | コメント:6

『ジェシー・ジェームズの暗殺』

『ジェシー・ジェームズの暗殺』

監督:アンドリュー・ドミニク

製作・主演はブラッド・ピット

もう一人の主演をケイシー・アフレックが務めています。

実は私はブラッド・ピットが出演している映画で感動した試しがありませんでした。

しかしこの映画。

とても素晴らしい。

淡々とした重厚な作りだけではなく、ブラピの演技も素晴らしかった。

題材は、実在したジェシー・ジェームズというアメリカ西部開拓時代の伝説的アウトロー。

今もなお英雄として南部の人々に愛されているといいます。

明らかに重罪人なんですが、戦後(南北戦争)という特殊な時代ですからこうしたアウトローな人たちが暗躍したのも歴史的には理解できます。

アメリカ史上もっとも有名なアウトローという肩書のようですが、知らない人は知らないよなぁ~

なんて思いながら観ていましたが、ブラピさんの迫真の演技は見モノで、

彼のおかげでどんどん引き込まれてしまいました。

ジェシー・ジェームズの最後を知ったからといって特に何かを得られたわけではありませんが、

死ぬことを前提にした演技は難しいだろうなぁくらいの脱線した観方がちょうどいいかもしれません。

その逆に、ジェシー・ジェイムズの崇拝者で暗殺者ロバート・フォード(ボブ・フォード)を演じたケイシー・アフレックからはいろいろ考えられるところがある映画でもありました。

若くて向こう見ず。

経験が足らずに視野も狭い。

若者に対してよく言われる言葉ですがこれほど如実にそう感じさせてくれるものも珍しい。

小心者で臆病。

ジェシー・ジェームズを偶像化し美化した結果、逃げ回る自分のアイドルを堕ちた偶像として勝手な解釈に結びつけてしまう。

少し違いますが今でいうところのある種のストーカー気質が招いた結果のような気がします。

そしてその暗殺劇を自ら巡業して自分を美化するという驚くべき行動に出ていますが、

時代を考えるとそれが一番の娯楽だったのかもしれませんし、食べていく道だったのかもしれません。

懸賞金もすごかったことだろうとは推測しますが・・・

ジェシー・ジェームズを暗殺するまでの流れ、暗殺後、という一連の流れが一通り終わると、

不名誉な暗殺者ロバート・フォードも殺されてしまいます。

この映画の原題は「Assassination(暗殺)」といいますが、

私の勝手な曲解した解釈では最後のシーンでのこの暗殺殺人が一番しっくりきたりもします。

いずれにしても、この映画の一番の名シーンはジェシー・ジェームズが暗殺されるシーン。

=ブラピが銃弾に倒れるシーンです。

映画の名シーン集で語られてもおかしくないような気がします。

今晩はもう3度目となる「太陽の帝国」を鑑賞予定ですが、

そのあとは、いままで何度か借りようかと思ったもののチャレンジできなかった「ツリー・オブ・ライフ」を観ようかと思います。



”節約ドットコム”



『安心・信頼のVisaといったら三井住友VISAカード』


『入会金・年会費無料!の大人気カード』


FC2Blogランキング
  1. 2018/03/24(土) 15:00:00|
  2. 映画評論
  3. | コメント:2
前のページ 次のページ