FC2ブログ

節約ドットコム

自称超合理主義者の節約的雑記ブログ

『トレイン・ミッション』

『トレイン・ミッション(2018)』

主演:リーアム・ニーソン

監督:ジャウム・コレット=セラ

2011年の『アンノウン』
2014年の『フライト・ゲーム』
2015年の『ラン・オールナイト』

に引き続き4回目のタッグを組んだコンビネーションは抜群です。

この4本の映画どれをとっても、リーアム・ニーソンのために用意されたようなシナリオで、

監督は主演が活きるように撮影しているような作品群です。

ジャンルもほとんど同じで、一人の力で巨悪に立ち向かうというようなストーリーには、

このくらいの大物でありながら優しい顔を持ち、シリアスでありながら身近に感じられる、

そんな俳優でないと満足できる作品にはならないのかもしれません。

基本的に勧善懲悪で、期待通り、安定感抜群のリーアム作品でした。

個人的には4作品の中で今作が1番のような気がします。

映画『トレイン・ミッション』公式サイト

批評家たちの評価も上々のようです。

映画らしいとは何なのかよく分かりませんが、

身近に感じられる日常生活を送っている主人公が、

映画特有の非日常的な世界に引きずり込まれていく様子を疑似体験するというのが、

見ている側としては一番楽な気がします。

いずれにしても、映画の中に自分を重ねられる人物を見つけることができないと、

面白く鑑賞することができません。

アクションやサスペンス、スリラー系ではその辺の描きどころが難しく、

見る方も「結局、何だったのか・・・」見たいなオチもよくわからない作品が多々あります。

今回の映画も明らかに非日常的なものなので、自分自身を投影できる要素はほとんどありませんが、

今までと違うのはリーアム・ニーソンが歳を重ねたことで、リアルさのあるアクションになったところでしょうか。

この人の出る映画というよりは、リーアム自身が「愛情深い」人なのでしょう。

出演するアクション映画の根本(動機)には「愛」がある。

だからヒーローなのだとつくづく思いました。



”節約ドットコム”



FC2Blogランキング
  1. 2018/10/21(日) 15:00:00|
  2. 映画評論
  3. | コメント:0
<<マクロミル 10月結果(2018) | ホーム | ・・・の秋>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する