FC2ブログ

節約ドットコム

自称超合理主義者の節約的雑記ブログ

アイスランド映画

私がずっと憧れを抱いている土地

アイスランド

そのアイスランドを舞台にした映画を3作ご紹介いたします。

内容が軽いと思われる順番で視聴しました。

①『ハートストーン』

②『ひつじ村の兄弟』

③『湿地』

『ハートストーン』

このタイトルは、ハート(Heart)とストーン(Stone)を併せた造語です。

ハート=温かい感情
ストーン=厳しい環境

これらを意味する単語を併せたハートストーンという言葉通りの青春映画となっています。

アイスランドの漁村を舞台に、雄大で閑雅な自然を感じたい方にはおすすめの映画となっています。

『ひつじ村の兄弟』

ヒツジの飼育で生活を営む村。

40年間も口を利かなかった隣同士に住む主人公の兄弟も、ひつじに命を懸けています。

アイスランドでの人たちにはひつじは欠かせず、生活にはなくてはならないものです。

アイスランディックシープ。

世界で最も古く純粋なひつじの品種の一つだと学術的に認定されています。

これらのひつじがもたらす、アイスランディックウールは世界で最も軽いウールだと言われています。

前置きはこの辺でやめますが、厳しい環境の中、優れたひつじを飼育するために命を懸けた兄弟のヒューマンドラマです。

『湿地』

こちらもその名の通り、アイスランドの湿地帯を舞台にしたミステリーとなっています。

重い。

苦しい。

そして重い。

それでもこの重苦しさこそが堪らない映画です。

こちらでも、ひつじの場面が出てきます。

ドライブスルーでひつじの頭を当たり前のように注文し、

目をくりぬいて食べ、かぶりつく。

アイスランドには欠かせない食材なのだと改めて感じる場面です。

このミステリーがすごい!に選ばれた小説を映画化したものですが、

ミステリー好きであれば観ても損はしない作品だと思います。

3作すべてに通じるもの・・・、「大自然の壮大さ」は圧巻です。

わざわざ観るほどの物ではないかもしれませんが、

目についた時に思い出してもらえれば幸いです。







”節約ドットコム”




FC2Blogランキング
  1. 2018/09/17(月) 15:00:00|
  2. 映画評論
  3. | コメント:0
<<ご迷惑おかけします。 | ホーム | 東京2020年大会協賛くじ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する