FC2ブログ

節約ドットコム

PayPay使うぞー

ついにPayPayにクレジットカードを追加登録してしまいました。

PayPayの決済方法は3つあります。

1、PayPay残高

2、Yahoo!マネー

3、クレジットカード

1のPayPay残高では銀行口座と紐付けが必要で、チャージをしないといけません。
ちなみに私はしてません。

2のYahoo!マネーもYahoo!ID持ってないし作るつもりもないのでなしです。

残るは3のクレジットカード支払いしかないのですが、

カードをアプリに登録さえすれば、お店でQRコードを見せてクレカ払いになるというものです。

実はまだ一度も使ったことのなかったPayPay、これなら使えそうです。

PayPayへの還元と、クレジットカードへのポイントの二重取り。

PayPayを作った時にもらったキャンペーンでの500円がそのままあっただけのかわいそうなPayPay。

その後、LINE Payも作りました。登録だけですが。

登録時にもらえた1000円に、溜まっていたLINEポイントを1500円足して2500円分がチャージされています。

キャッシュレスが一気に広まったこの2、3ヶ月、使うならLINE Payだなと思ってました。

欠点はクレジットカード払いができないこと。

私はキャッシュレスに大賛成の立場ですが、チャージして使うというのは大反対です。

だからプリペイドは持ちません。

Suicaは別ですが…

心配なのはセキュリティ。

ですが今のところある程度安心して使えるのはこの2大Payではないかと思います。

そもそもクレジットカードでさえ安心して使えるかといえば同じようなものです。

その辺を勘案して一番使えるのはPayPayだと今のところは言えるのではないでしょうか。

LINE Payの方がページは見やすいですが…

人それぞれのところもあるかもしれませんが、ケータイキャリアPayで紐付けると本当は1番楽なのかもしれません。

その辺の今後に期待しながらこの数ヶ月はPayPayを使っていきたいと思います。

そもそも普段の生活の支払いはほとんどがクレジットカード払いなのでカードを持つ必要もなくなるし、

ポイントの二重取りも出来る。

とっくに知られていたことなのかもしれませんが、私には盲点でした。

唯一欠点を挙げるなら限度額が少ないということでしょう。

それでもかなり使えるようになったと思うので個人的には推奨です。

これは間違いなく、思っていた以上に早く日本にもキャッシュレスの社会が浸透するでしょうとの予感があります。

使い続けるうちに、もっともっと利便性やセキュリティ問題をクリアしていくでしょうから今のうちから使っていきたいと思います。

"節約ドットコム"






FC2Blogランキング
  1. 2019/07/16(火) 15:00:00|
  2. クレジットカード
  3. | コメント:0

エポスカード プラチナカードへのインビテーション

エポスカード プラチナカードへのインビテーションが届きました。

一年強の使用でこの招待はかなり早い。

通常30,000円の年会費が20,000円になるとのことですが、クレカに年会費を払うつもりはありません。

せっかくですがお断りさせてもらうしかありませんね。

ボーナスポイントを10,000ポイント貰えたりと、ゴールドのままで特典も十分、使い勝手も十分のカードです。

カード会社に信頼されているのはいいことだと思いますが・・・

とりあえずそっとしておきます。

”節約ドットコム”




FC2Blogランキング
  1. 2019/03/14(木) 15:00:00|
  2. クレジットカード
  3. | コメント:0

エポスカードゴールド もう一年が経ちます

エポスカードがゴールドカードに切り替わって早1年が経ちました。

控えの控えとして作ったカードですが、セカンド(サード)カードというよりほとんどファーストカードの役目を果たしてくれています。

エポスカードゴールドでは1年間に100万円の利用を行えばボーナスポイントとして1万ポイントが貰えます。

同じ使うのであればということでゴールドに切り替えてからはエポスを主なカードとして登録しました。

100万円の壁は高くはありません。

個人の買い物だけならその10分の1もしないかもしれませんが、

家賃・光熱費の支払いカードとして登録さえすれば普段のポイントと合わせてボーナスポイントも貰えるので他のカードと比較してよりお得なエポスに変更しました。

エポスの良さは普段のショッピングカードとしてもかなりのお店と提携しているようなので汎用性が高いカードだと言えることです。

サードカードとして新規作成ポイントが貰えればと思って作ったカードですが、

作ってすぐ、10万円くらいの利用をしたかしていないかくらいの時にインビテーションでゴールドにしませんかときて、

あれよあれよとファーストカードに上り詰めて来ました。

今まで大事に育てていたカードを尻目に・・・

今どき、クレジットカードのステータスなんかを気にしているとホントにばからしいと思います。

どこから情報を得ているのか・・・いろいろカードの招待が来ます。

大手一流ブランドのお誘いも、一応封を開けてはみますがすぐにゴミ箱行きです(笑)

これが結構な頻度で来るのですよね・・・

年会費がバカ高く特典が使い切れないようなものは絶対に手は出しませんよ。

近ごろは、年会費無料のカードがかなり増えましたがそんな中でもそれぞれに合ったカードは環境によって違ってきますし、

自分自身でも生活スタイルが変わるとお得なカードが変わってくるので何年か周期で見直す必要があるかもしれません。

カードは信用情報だからといって大事に育てるという概念も古いのかもしれませんね。

これは一消費者にとって非常に良いことだと思っています。

楽天、イオン、エポスなどは消費者にやさしい筆頭ですね。

ビジネスマンならANA、JALなどのマイレージカードもいいかもしれません。

いまはJCBも年会費無料で作れるカードが条件によってあるのでチェックしてほしいと思います。

さらに言うなら新規カードの発行はちゃっかりポイントサイト経由で作るのが好ましいです。

年会費無料のカードなので使わなくても損はせず、カード発行会社の入会キャンペーンとポイントサイトのポイントを二重取りするくらいの意気込みで気軽に作れる時代になりました。

私は昨年カードを見直して3枚に収めましたが、私の周りにも入会キャンペーン狙いで数多くのカードを作っている人が2名ほどいます。

たった2名しかいないのが残念ですが(それも作っただけという・・・)、ポイントサイトを経由していないので、何万円も損していますよねとは言ってはおりません(笑)

カード自体もそうですし、入会キャンペーンもそう、ポイントサイトの利活用もそう、

認知されているようで実はほとんどしていないのが現状のようです。

ブログでのお付き合いのある方だったりすると一気に認知度が上がるのですが、現実とギャップがあって私自身もたまに驚きます。

自然とそうした話が上がったときに聞いたりしますが、

あまり深く考えてカードを作ったりしていないようです。(それにもビックリなんですが・・・、私なんてお得かどうかの判断ができないとしても一応は自分に合ったブランドかどうかというイメージくらいは持って判断しそうですが)

だからあまり深くは言わないようにしていますがたま~によく考えてやられている人もいて、

そうした人との会話は私の知らないことを教えてくれたり、私が言ったことがその人の知らないことだったりとお互い楽しい会話になります。

本当にたま~にでが。

ブログでは自分が見たい聞きたいという方のところに直接訪問して記事を読めるので現状とのギャップを感じなくてすんでいるということなのでしょう。

興味を持っていない人のところには誰もそうだと思いますが自ら訪問したりしませんからね。

最近感じる現実とのギャップの要因なのかもしれませんね。

ということでもう何年かはエポスカード(このカードを凌駕するカードが現れるまで)にお世話になりたいと思っています。

現実ではあまり理解してくれる人が少ないのでブログで書かせてもらいました(笑)
(理解してくれる人はいましたが新たに発掘するのは大変です)

カードを新規発行する場合は、ポイントタウンを経由して年会費無料のカードを作ることを忘れずに!

”節約ドットコム”




FC2Blogランキング
  1. 2019/02/11(月) 15:00:00|
  2. クレジットカード
  3. | コメント:0

最強クレカ誕生!『JCBカードW plus L』

お小遣いサイト「ポイントタウン」のおススメ案件のご紹介です。

今日ご紹介するのは、

JCB CARD W

JCB CARD W plus L

この2つのクレジットカード発行案件です。

日本が誇るJCBブランド オリジナルシリーズのカード。

これらのカードをポイントタウン経由で発行すると、

通常57,140pt=2,857円のところ、168,000pt=8,400円分のポイントがもらえます。

38.jpg

カードへの入会には2つだけ条件があります。

①WEB限定であること

②39歳まで

この2点ですが、①は問題ありません。むしろ良い。

但し②は必然的にこのカードを持てる人と持てない人が選別されてしまいます。

39歳までに入会すればその年齢を超えてもずっと持ち続けることができるので、一生もののカードとなります。

このカードを持つべきカードだと私が思うのは、JCBオリジナルシリーズで唯一年会費が無料という点です。

つまるところ、一切のコスト・維持管理費をかけることなくJCBブランドのオリジナルカードを持つことができるということです。

これ、実は凄いことです。

以前からのJCBオリジナルユーザーからひんしゅくを買ってもおかしくないもので、「エッ~!?」と思うような内容です。

更にもう少し詳しく見ていくと、魅力的な特典やキャンペーンを実施しています。

このカードの最大の特典は前述したように年会費が無料である点ですが、

もう一つ大きな魅力があり、常にポイントが2倍という仕様になっています。

JCBカードを利用した時に付与されるポイントはOki Dokiポイントと言いますが、

このポイントが常に2倍!という何とも太っ腹な特典を出してきています。

入会後今だけ、ポイント4倍キャンペーンも実施されています。

またその他の3月31日までの入会キャンペーンとして、

①ご入会でJCBギフトカード2,000円分プレゼント

②家族カード同時申込で最大2,000円分プレゼント

③ご登録とご利用で最大7,000円分プレゼント

合計で11,000円分のプレゼントになります。

クレジットカード業界の争いはし烈なんでしょうね。

業界を制するために2017年10月に新登場させたJCB肝いりのカードです。

私が今まで見てきたカードの中でも最強の部類に入るカードと言えますので、

39歳以下であれば絶対に持つべきおススメのカードです。

なんとっても一枚は持ちたいプロパーカードです。

これを機に私もいろいろ調べましたがやはりかなり評判を呼んでいるカードのようでした。

クレカはリボ払いさえしなければ文句の付けようがない資金管理ツールです。

JCB CARD W plus L のほうは女性に最適化したカードになっていますので、そうした心遣いがJCBブランドの丁寧なサービスの一環として好感が持てるところです。

これらのカードはJCBの公式サイトから入会してもいくらかのキャンペーンに自動入会となりますが、

やはり「ポイントタウン」経由から入会し、8,400円相当のポイントをタダ取りしてもらいたいところです。

まずは下記からポイントタウンに入会してそちらからJCBの公式サイトに行きましょう。

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

個人的に今までで一番のおススメ案件かもしれません。

是非お得なポイント生活の第一歩を踏み出しましょう。



”節約ドットコム”




FC2Blogランキング
  1. 2018/03/08(木) 15:00:00|
  2. クレジットカード
  3. | コメント:2

期間限定 クレジットカード高額ポイント還元案件

「Pointtown(ポイントタウン)」

今お勧めのサービス案件をご紹介いたします。

①楽天カード発行

楽天カードをポイントタウン経由で発行すると180,000ポイント=9,000円がもらえます。

さらに、楽天スーパーポイントを7,000円もらえます。

合計16,000円相当額のプレゼント実施中です。

1/14(日)までの案件なのでまだの方はぜひカード発行を行いましょう。

74401_74401.jpg

②ライフカード

カード発行+翌月末までに合計5,000円以上のショッピング利用で154,000ポイント=7,700円もらえます。

通常30,000ポイント=1,500円の案件なのでこちらも今がチャンスとなっています。

415435.gif

どちらも年会費永年無料のクレジットカードです。

日々の生活でクレジットカードを上手に使うとかなりの節約につながります。

お金の支出管理を一括で行え、不必要なものを買わないようになる場合もあります。

もちろん分割払い・リボ払いはしないという前提です。(あとキャッシング機能は出来るだけ付加しないようにしたほうがいいと思います)

それだけでも魅力的なツールですが、

そのカードの発行をお小遣いサイトを経由するというひと手間を加えるだけで、

1万円近い現金化できるポイント(お金)がもらえるというとてもお得なサービスです。

ぜひ利用してみて下さい。

ポイントタウンのご登録は下記バナーをご利用ください。

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

私は、ライフカードの発行を検討しています。

ほとんど利用することはないと思いますが、高額ポイントのときに作るだけ作るのもありかなと思っています。

”節約ドットコム”




FC2Blogランキング
  1. 2018/01/12(金) 15:00:00|
  2. クレジットカード
  3. | コメント:2
次のページ