節約ドットコム

自称超合理主義者の節約的雑記ブログ

『博士の異常な愛情 または私は如何にして・・・』

『博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか』

通称、『博士の異常な愛情』ですね。

スタンリー・キューブリック最後の白黒映画です。

何度この映画を観たことだろうか。

今回が最後になる予感。

私見としていくつか言いたいことが。

まず、邦題のセンスの悪さ、やりたい放題はいい加減にしてほしい。

博士の異常な愛情って、何なんですか。

ドクター・ストレンジラヴを直訳してるだけです。

勿論、人の名前ですよ。本当は。

なので、「ストレンジラヴ博士」とするべきなのです。

このタイトルのせいで話をややこしくしています。

キューブリック一流のコメディーを台無しにしています。

「皆殺し装置」と呼ばれる放射線物質を含んだ核爆弾で全世界を根絶させる(させてしまう(本来の目的とは違って・・・))というブラックコメディーですが、

異常な愛情とは何かという考えを片隅に持ったまま観てしまうとすべての面白味が半減してしまいます。

そもそも、この映画をコメディーだと一発で理解できる人がどれほどいるだろうか。

風刺映画であるのは分かりますが、ギリギリのラインの上を微妙な按配を維持しながら制作したのはやはり才能ですかね。

一発でコメディーだとバレてしまうと、駄作になってしまいます。

シリアスな内容で、風刺を効かせ、ブラック要素満載で、なおかつストーリを崩さないバランス。

逆に、音楽や、配役でシリアスにならないように補うバランス。

なにより、主演のピーター・セラーズが素晴らしい。

キューブリックの映画というより、セラーズの映画だとも言えます。

一人三役を演じています。

主要人物ですが、彼が演じることでコメディー要素ないしは強烈なブラック要素を与えてくれています。

他の役者では務まらない大役でしょう。

その周りを固める俳優たちも見事なもので、セットも素晴らしい。

それを束ねるキューブリックはやはり傑物なのでしょう。

1963年に制作された映画ですが、今の時代でも笑えないジョークとして訴えかけるものがあります。

特に今まさにこの時代。

何が起きてもおかしくないなという心構えが必要です。

現在は、時代的にヒトラーとまでは行きませんが、それに近い人間が一国の指導者としてまかり通っている国がいくつもあります。

時代が違えば、ヒトラーと変わりがありません。

ヒトラーより悪いですよ。とは軽々しく言えませんが、正直そう思うこともあります。

今のお馬鹿な指導者たちもそういう意味で時代に守られているのです。

ロケットマン。なかなかうまく表現したモノじゃないですが。

著作権は、エルトン・ジョンにありますがね。

コピーライト料を払ってあげて!

大金持ちですがね。才能があるのでしょうがない。

またしても、話しがそれましたが、一度は観て欲しい映画だと思います。

ただし、心にゆとりがある時にです(笑)



”節約ドットコム”




FC2Blogランキング


おこづかい稼ぎ最大級のポイントサイト!ネットショッピングで「お得」にお買い物するならポイントタウンを経由するだけ!!
下記バナーからの簡単登録でポイント生活はじめよう!!!
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン アンケートモニター登録 新規モニター登録

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2017/09/27(水) 15:00:00|
  2. 映画評論
  3. | コメント:11

iPhone ソフトウェア・アップデート(iOS 11.0)・・・

iPhone iOS 11.0

にアップデートしましたが・・・

重い!!!

Yahoo!ファイナンスが・・・!!!

使い物にならない!

早くなんとかしておくれ~

アップデートなんかすぐにするもんじゃないとつくづく思いましたね。

普段そんなにすぐしないんですが、知人にそそのかされました。

まぁ、自分が悪いんですがね・・・

ちなみに、iPhone6であります。

機種変なんて、まだしませんから!

陰謀には負けませんよ(笑)

”節約ドットコム”




FC2Blogランキング


おこづかい稼ぎ最大級のポイントサイト!ネットショッピングで「お得」にお買い物するならポイントタウンを経由するだけ!!
下記バナーからの簡単登録でポイント生活はじめよう!!!
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン アンケートモニター登録 新規モニター登録
  1. 2017/09/25(月) 15:00:00|
  2. 雑談
  3. | コメント:8

(映画)苦手なジャンルに手を出してみた

急激に気温が下がっております。

喉をやられている者多数続出。

私もその一人ですが、そろそろ温泉が恋しい季節になってまいりました。

私は温泉施設が多い地方に住んでおりますが、

今日は、少し足をのばして、初めての温泉地へ入浴しに行ってきました。

久しぶりに洗車し、温泉につかり、映画三昧の週末です。

脳内リフレッシュ少しはできたかな?

とは言っても、あんまり小難しい映画を観るほど疲れが癒えているわけではなかったので、

分かりやすい映画路線でレンタルしてきました。

1本目。

(500日)のサマー

ジャンルは恋愛モノ。

あまりこの手の映画は観ません。

噂は聞いていました。絶賛されているようだと。

確かに凝った造りになっていました。

かなり凝っていたと言えます。

センスも悪くない。

パロディーもふんだん。

音楽も良し。

監督、出演俳優、100点満点です。

好き嫌いが分かれるところでしょうか。

96分中、86分は可もなく不可もなく程度でしたが、最後の10分怒涛の追い上げ。

終わりよければすべてよしという言葉が思い浮かべられました。



2本目。

ローズマリーの赤ちゃん

ロマン・ポランスキー監督のホラーですが、

しっかり全編通してみたのは初めてのような気がします。

ミア・ファローいいですね。

ローズマリー役としてうってつけであります。

いろいろ曰くつきの映画のようですが、ホラーとして観ないほうがより楽しめます。

個人個人が観終わった後にどう思うかというところでしょう。

まぁ、ホラーで間違いないですが。

普通のホラーであれば私は観ません。観れません。

時間は有限なのであります。

まだ見ぬ方がおられましたら、この映画に関しては、何の予備知識もなく観ることをお勧めします。

このご時世、簡単にあらすじを調べられますのでついついやってしまいがちですが、

ホラーということさえ忘れて観てほしい映画です。



3本目。

遊星からの物体X

SFモンスターです。

そうです、本日鑑賞した3本とも、私自身普段観ないジャンルです。

恋愛、ホラー、SF。

この映画もそれとなく観たことはありますが、これを機に(特にきっかけはありませんが)しっかり観ようと思いまして・・・

そして、楽しめましたよ。

観た順番の逆順に楽しめたような気がします。

SFモノ、モンスターモノって、今までどう頑張っても2時間持ったことがありません。

眠くなるのです。そして途中で意味が分からなくなり、それについていこうとしなくなります。

サボりながら映画を観るとついていけなくなるのは当たり前で、その悪循環で観てしまう私にとって一番の天敵でした。

唯一ゾンビモノは観れていたのが不思議なくらいで。

でも常々思っていたところでした。

苦手ジャンルでさえ網羅したいと。

SFモノは書籍であれば読めるのです。

それが映像作品になると説明不足や映像の好みの問題で観れなくなる。

2時間という範囲の中ですからしょうがないところなのでしょうが、

もしかしたら、映画監督としては一番やりがいのあるところなのかもしれません。

不可能を可能にしないといけないですからね。

あんまり親切な映画もどうかと思いますが、不親切すぎると言いますか、何もわからなかったら意味がない。

最後はあやふやで観た人に判断をゆだねるなんて少し逃げすぎです。

その点この映画は分かりやすく、理解しやすい。

SFモンスター音痴の私でさえ観れたのですから、相当優しい内容なのでしょう。

普段観ないジャンルなので、いい映画か悪い映画かという勝手な個人意見もつけがたいですが、

分かりやすいか分かりにくいかでいうと、分かりやすいのは間違いない。

そして、ジャンルにとらわれず、今まで観た映像作品と同じ観点から勝手に評価すると、

普通にいい映画だと感じました。

コアなファンのことは分かりませんが、

私はコアな映画よりも、王道が好きであることは常々書いてきました。

コアな映画も好きなのですが、それは王道の中でのコアな部分を描いているものです。

初めから道を外れたモノは興味がないというと語弊がありますが、

そこまで手が回らないというのが正直なところです。

狭く深くではなく、

明らかに、広く浅くの道を選ぶのが私の生き方ですね。

結局欲張りなんです。

専門性を高めるよりも、広範囲に手を出し、1つずつ専門的になりたいという。

下手すれば二兎追う者は一兎をも得ずになりますが、

そうならないように慎重にやっております(自分なりに)。

一石二鳥なんて言葉はあまり好きではありませんからね。

ということで、今年も残すところあと3カ月ほど。

毎週末このくらいのペースで映画鑑賞を量産していければと思っています。



”節約ドットコム”




FC2Blogランキング


おこづかい稼ぎ最大級のポイントサイト!ネットショッピングで「お得」にお買い物するならポイントタウンを経由するだけ!!
下記バナーからの簡単登録でポイント生活はじめよう!!!
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン アンケートモニター登録 新規モニター登録

テーマ:鑑賞記録 - ジャンル:映画

  1. 2017/09/24(日) 15:00:00|
  2. 映画評論
  3. | コメント:2

「マイ動詞」

とにかく寝ていたい。

不眠症の私は常々この思いを強く抱いてきました。

「寝る」

これこそ私の動詞です(笑)

「死ぬ」と言うと悲惨ですが、

「寝る」と言うとそうでもない。

朝目覚めることなく寝続けたいと思っているので、実は同義なんですが。私の中では・・・

寝るという動詞不思議です。

普通、動詞はその名のとおり、~をするというような動きがありますが、

寝るは動きがない動詞。

どうでもいいですが、多分動詞ですよね。

uがついてるんですから。

昨日なんて真夜中激痛で飛び起きました。

ロキソニンよりもう一段階上の鎮痛剤と氷枕で応急処置。

頭痛と不眠は最強ペアなのです。

こういうことも最近ではめったになくなってきましたが、たまにあります。

安心して寝ていたい欲求が出てくるのも仕方ないではありませんか。

”節約ドットコム”




FC2Blogランキング


おこづかい稼ぎ最大級のポイントサイト!ネットショッピングで「お得」にお買い物するならポイントタウンを経由するだけ!!
下記バナーからの簡単登録でポイント生活はじめよう!!!
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン アンケートモニター登録 新規モニター登録
  1. 2017/09/21(木) 15:00:00|
  2. 雑談
  3. | コメント:5

『ダンケルク』

この3連休でたった一つだけやりたかったこと。

映画館に行くこと。

普通じゃん!とは言わないでもらえたらありがたいです。

勝手ながら、常々発信させていただいていた、『ダンケルク』の鑑賞です。

戦争映画でありながら戦争映画ではない仕上がり。

そうこなくては。

クリストファー・ノーランがただの映画を作るわけがないという勝手な思い込みを「そんなの当然」と言わんばかりか、嘲笑うような作品でした。

ただの映画を作るわけないのです。

退屈な映画だというレビューも聞こえてきそうですが、

私には渾身の一作に感じました。

贔屓目に見すぎですが、100点満点中100点以下の点数をつけさせてくれないのが彼の映画で、

今回もゆっくり120点は超えております。

映像・音楽、これまでのどの映画でもこの要素が素晴らしいのですが、

今作ではより一層の進化を遂げています。

全編を通して裏で鳴らせている時計の「チクタク」音。

緊迫感を伝えるために効果的でした。

ストーリーを追いかけている視聴者はその音の仕掛けに気づかないで緊張感を保っているという優れた演出です。

俳優陣の何かしらの受賞は見込めなさそうですが、

新人賞くらいでしょうか。

監督賞、美術賞、音楽賞、作品賞、的なものは総ナメにしそうですが、

如何せん無冠の帝王であります。

アカデミー賞から目の敵にされている存在です。

というのはここまでのもので、

この戦争映画という鉄板素材はアカデミー賞のお気に入りネタ。

逆に、舞台が米国に関係ないことを理由にノミネートさえしないこともありそうですがね。

戦争映画でありながら、敵が見えない、敢えて描かない。

人間ドラマに仕立て上げているところ、完璧です。

ダンケルクという素材自体が歴史的な救出劇ではありますが、

その辺の歴史を知って観ないとちょっと理解できないのかもしれないのはこれまたこの人の作品の不親切な良さでもあったりします。

チャーチルがえらく消極的でまだまだ追い込まれていた時代。

英仏をここまで窮地に立たせ、震え上がらせた時代。

というストーリーもそうですが、それ以上に、映像作品に興味がある人を心の底から楽しめ、学ばせてもらえる作品となっています。

ほとんどの映画では1度鑑賞すれば十分満足するところ3度は観ないと満足できないであろう作品でした。



この3連休にこれだけはしたかった。

念願がかないました。

どんなに忙しくても、ノーラン作品だけは劇場で観ないといけないという使命を帯びていますので。

”節約ドットコム”




FC2Blogランキング


おこづかい稼ぎ最大級のポイントサイト!ネットショッピングで「お得」にお買い物するならポイントタウンを経由するだけ!!
下記バナーからの簡単登録でポイント生活はじめよう!!!
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン アンケートモニター登録 新規モニター登録
  1. 2017/09/18(月) 15:00:00|
  2. 映画評論
  3. | コメント:12

『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』

『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』

出演:メリル・ストリープ、ヒュー・グラント

実在したソプラノ歌手、フローレンス・フォスター・ジェンキンスの伝説のステージを再現しています。

76歳にしてカーネギーホールの伝説をつくった本物の音痴歌手。

歌手というより道楽ですが、音楽を愛しステージに立てば立派な音楽家になります。

こうして彼女は伝説になりました。

そのステージの約1カ月後永眠となります。

素晴らしい人生であります。

この愛すべき音痴さんをメリル・ストリープが演じています。

ストリープの演技力についてはもはや言うまでもないでしょう。

あの強烈さが嫌いだという方もおられるくらいですが、そうした意見は特に女性に見受けられるような気がしています。

いずれにしても、ストリープはうってつけでした。

何よりもこのドラマティックなストーリーをコメディに仕立て上げることができているのは、ヒュー・グラントただ一人の存在だけで十分です。

こういう時に光る俳優はなかなかいないもので、彼が出るだけでコメディー要素が入ってくるという具合ですかね。

軽い演技に見えますが、私個人としては主要な賞レースで重要賞をあげてもいいと思えるくらいのものです。

軽いのはしょうがないのです。

主題が主題ですから。

それを分かったうえでのあの演技。なかなか渋いですよ。

軽いと渋いは対照的ですがそれを醸しているのですから尚更ですね。

映画好きだけでなく、音楽好きとしても、史実としても、知っておくべき人間ドラマなのかなと思います。

作り上げた映画だけでは伝えられないところの本質を感じとることができれば人の一生そんなに軽くないものです。



”節約ドットコム”




FC2Blogランキング


おこづかい稼ぎ最大級のポイントサイト!ネットショッピングで「お得」にお買い物するならポイントタウンを経由するだけ!!
下記バナーからの簡単登録でポイント生活はじめよう!!!
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン アンケートモニター登録 新規モニター登録
  1. 2017/09/16(土) 15:00:00|
  2. 映画評論
  3. | コメント:6

ありがとうございます

本日、infoQのマイページを開いてみると、

友達申請が1人増えていました。

有難いことに、私のブログバナーからご登録して下さったということです。

ご登録して下さった方本当にありがとうございます。

いろいろ言葉はありますが、何といったらいいか・・・

「刺激を受ける」というのがしっくりくる感じです。

infoQはアンケートサイトです。

GMOインターネットグループが運営しています。

私は、日々のアンケート+ライティングのコンテンツで報酬を得ていますが、

2カ月前(7月)は初めて1記事もかけないまま、0報酬となり、アンケート報酬だけの結果でした。

これはいけないと、先月(8月)は6記事だけ投稿しました。

久しぶりのライティングではありましたが6記事無事採用です。

1記事当たり200円前後の報酬でしたが、報酬よりも途中でやめることが気持ち悪いので、

今月も最低5~10記事は書きたいなと思って取り組んでいます。

なかなか時間がとれない日々ではありますが、ブログ第一、次にinfoQのライティングという優先順位でやっていきたいと思います。

ご登録して下さった方、ぜひライティングを頑張ってみて下さい。

頑張った分だけ報酬を得られるはずです。

報酬が確定するとまたやる気も出るという好循環が出来上がると思いますので、

今後のご活躍心より応援しております。

この度は当ブログからのご登録有難うございました!

”節約ドットコム”




FC2Blogランキング


おこづかい稼ぎ最大級のポイントサイト!ネットショッピングで「お得」にお買い物するならポイントタウンを経由するだけ!!
下記バナーからの簡単登録でポイント生活はじめよう!!!
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン アンケートモニター登録 新規モニター登録
  1. 2017/09/14(木) 15:00:00|
  2. ポイントサイト
  3. | コメント:3

再開できるかな?

2、3日休むつもりが、ほとんど1週間更新せずになってしまいました。

申し訳ないです。

この間、ちょっとした公のスピーチなんかが続いておりまして・・・

先週からかかりっきりでした。

ちょっとしたといっても公の場には変わりないのがつらいところで、

3分間スピーチみたいなのを2,3やっておりました。

仕事でそんな役割をこなさないといけないところに来てしまったと一気に痛感したところです。

スピーチ後の取材の方が鬱陶しいのですよね。

『聲の形』



『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』



先週はこの2本しか観ておりません。

軽い映画を選んだのもシリアスな映画を観る余裕がなかったからでありますが、

ティム・バートンを観るにはこういう時しかありませんから(笑)

アニメーション映画も同じ理由です。

特に、後者の映画はちょうど半分で寝入ってしまいましたよ。

もう一度観返そうとも思わないので、ティム・バートンはそれほど肌に合わないのでしょう。

NHKの『ヴィクトリア』の方がよっぽど楽しめております。

ブログの方はボチボチ再開させていきます。

”節約ドットコム”




FC2Blogランキング


おこづかい稼ぎ最大級のポイントサイト!ネットショッピングで「お得」にお買い物するならポイントタウンを経由するだけ!!
下記バナーからの簡単登録でポイント生活はじめよう!!!
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン アンケートモニター登録 新規モニター登録
  1. 2017/09/12(火) 15:00:00|
  2. 映画評論
  3. | コメント:10

ご報告

すみません。

後2~3日、休業しないといけないような感じです・・・

同士の皆さんのブログには出来るだけご訪問いたしますのであしからず・・・

取り急ぎご報告まで。

”節約ドットコム”




FC2Blogランキング


おこづかい稼ぎ最大級のポイントサイト!ネットショッピングで「お得」にお買い物するならポイントタウンを経由するだけ!!
下記バナーからの簡単登録でポイント生活はじめよう!!!
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン アンケートモニター登録 新規モニター登録
  1. 2017/09/06(水) 15:00:00|
  2. 雑談
  3. | コメント:10

『ザ・コンサルタント』

『ザ・コンサルタント』

主演:ベン・アフレック

2016年の映画です。

賛否両論あるかもしれませんが、個人的にベン・アフレック出演映画で一番だと感じました。

静かな映画なので、賛否両論巻き起こすような映画でもありませんが、私はこういうの好きです。

よさが出ています。

喜怒哀楽の激しい映画は昔からあまり好きではなく、

かといって表情に乏しい映画がいいのかといえば、表裏一体なところもあります。

単純に好きなキャラクター設定なのかもしれません。

会計士と殺し屋、裏と表、葛藤、病気、など、良さげな材料が散りばめられています。

それでも、嫌味なく観れるのはバランス感覚があるのでしょうし、

個人的な好き嫌いもあるのでしょう。

凄腕の殺し屋であり数学の天才という設定は映画特有の出来過ぎたヒーローキャラではありますが、

ベン・アフレックが演じることで、ヒーローになりきらないところが渋い演出として効いています。

そもそもこの俳優、名前の大きさと、出演作品があっていません。

経歴としては、アルマゲドンやパール・ハーバーに立て続けに出演した時期があり、

その時期にグウィネス・パルトローと交際したり、ジェニファー・ロペスと交際していたことのほうで記憶に残っている人も多いのでは?

確か、ベニファーなんて造語もありましたね。

それより、弟のケイシー・アフレックがアカデミー主演男優賞を先に取ってしまいました。

親友のマット・デイモンとセットで語られることも多い俳優です。

最近は、グッド・ウィル・ハンティングを手掛けたことで有名な脚本業のみならず、監督業に精を出しています。

監督した作品は私の好みでもあります。

あまり深みがありませんが、静かな流れが好みなのは伝わります。

そんな中この映画は純粋な演じ手として及第点を与えたいと思います。

また一作品としても。

決して明るい映画ではありませんが、少し落ち着いた映画を観たいという時にでも是非観ていただければと思います。

一般的には高評価を与えない人の方が多いかな~と思いますが。



”節約ドットコム”




FC2Blogランキング


おこづかい稼ぎ最大級のポイントサイト!ネットショッピングで「お得」にお買い物するならポイントタウンを経由するだけ!!
下記バナーからの簡単登録でポイント生活はじめよう!!!
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン アンケートモニター登録 新規モニター登録
  1. 2017/09/03(日) 15:00:00|
  2. 映画評論
  3. | コメント:5
次のページ