節約ドットコム

自称超合理主義者の節約的雑記ブログ

『ムーンライト』

『ムーンライト』

2017年、第89回アカデミー賞で作品賞・助演男優賞・脚色賞の3部門の受賞に輝いた作品です。

舞台はマイアミ。

1人の少年から大人への成長をアイデンティティを模索しながら成長する様子に重ねて描いています。

長編2作目となる今作のメガホンをとったのは無名のバリー・ジェンキンス監督。

脚色賞を受賞した、タレル・アルビン・マクレイニー著の戯曲を下地に自伝的映画を作り上げています。

個人的感想としてもこの監督の美的映像センス・心の葛藤を淡々と描いていく、静かで力強い手法は好きです。

ただ今回の成功は下地となっている脚本あってのことということも否めないような気がするので次作に注目といったところです。



”節約ドットコム”



『安心・信頼のVisaといったら三井住友VISAカード』


『入会金・年会費無料!の大人気カード』


FC2Blogランキング
  1. 2018/02/18(日) 15:00:00|
  2. 映画評論
  3. | コメント:1

『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』

『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』

2015年 イタリア

主人公・エンツォを実力派俳優のクラウディオ・サンタマリアが20キロ増量して挑み、若手俳優のルカ・マリネッリが宿敵・ジンガロ役で狂気に満ちた怪演を見せる。ソース:U-NEXT



実はこのイタリア映画の基になっている題材は日本人の永井豪原作『鋼鉄ジーグ』というものです。

完全にインスパイアされた映画です。(何も知らなければただのイタリア怪奇映画(笑))

スーパーヒーローものです。

先日鑑賞した『キック・アス』から派生して以前から観たいなと思っていたこの作品をチョイスしました。

ついでに『キック・アス2 ジャスティス・フォーエバー』も鑑賞しましたが、私は鋼鉄ジーグを推します。



本作は、イタリアのアカデミー賞で最多ノミネート・最多受賞という評価を得たようですが、順当のように思えます。

イタリアのアカデミー賞といわれてもピンと来ないかもしれませんが、

確か、「ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞」というものです。

この賞レースで新人監督賞を受賞しているのは非常に名誉なことになります。

オマージュ映画でここまで原作が好きなんだなぁというのを感じられるのはなかなかありません。

『キック・アス』             当たり

『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』  大穴

『キック・アス2』            大コケ

こんな流れですかね。

イタリア映画はこういうことがたまにあるから面白い。

日本にも何かそろそろヒット作をお願いしたい。

興行的という意味ではありません。

個人的範疇でヒットが欲しいなと思います。

”節約ドットコム”



『安心・信頼のVisaといったら三井住友VISAカード』


『入会金・年会費無料!の大人気カード』


FC2Blogランキング
  1. 2018/02/05(月) 15:00:00|
  2. 映画評論
  3. | コメント:2

『ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ』

『ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ』

私の好きな実話を基にした映画です。

アメリカ、ニューヨークが舞台の英国映画。

主な出演者も英国人。

コリン・ファース     イギリス人俳優

ジュード・ロウ      イギリス人俳優

ニコール・キッドマン  アメリカ人女優

ローラ・リニ―      アメリカ人女優

1920年代、数多くのアメリカ文学の編集を手がけた編集者マックス・パーキンズと、

37歳と短命だった小説家トマス・ウルフの人生と友情を描いた作品です。

日本人にはあまりなじみのない、トマス・ウルフですが、

アメリカではメジャーな作家です。

本編のなかにも出てきますが『グレート・ギャッツビー』で有名なフィッツジェラルドなんかと同じくらいアメリカを代表する作家という位置づけです。

原題は一応『ジーニアス』なのでそういう感覚で向こうではみられているのでしょう。

失われた世代に生きた一人で短命だったためまだ定まった評価が与えられていない気がします。

ところで、映画の出来栄えと言えば・・・

5点満点の3点といったところでしょうか。

★★★☆☆

一つの伝記を知ったと思えば損はしていないようなきがしますが、

編集者と天才作家の2人のドラマやコンビネーションを忠実に描いた結果、

映画としては面白みのないところもあるかもしれません。

私は好きですけどね。

フィッツジェラルドやヘミングウェイなどの大作家を編集したパーキンズという人物は?

天才と呼ばれたトマス・ウルフという作家はどいう人物か?

この2人はなぜ惹かれあったのか?

またアメリカですから登場人物それぞれの家族とのかかわりもとても重要な要素です。

2人を演じた俳優は相性抜群、大当たりです。

星3つの評価ではありますがおススメ映画といえます。

お時間のある時にでも是非是非。

ドラマ・映画見放題コンテンツ『U-NEXT』もおススメです。



”節約ドットコム”



『安心・信頼のVisaといったら三井住友VISAカード』


『入会金・年会費無料!の大人気カード』


FC2Blogランキング
  1. 2018/01/27(土) 15:00:00|
  2. 映画評論
  3. | コメント:4

『キック・アス』

『キック・アス』

週末に選んだ映画の一つです。

特段の感想は書けませんが、いい娯楽映画でした。

今週末は続編鑑賞で決定です。



”節約ドットコム”



『安心・信頼のVisaといったら三井住友VISAカード』


『入会金・年会費無料!の大人気カード』


FC2Blogランキング
  1. 2018/01/22(月) 15:00:00|
  2. 映画評論
  3. | コメント:3

『NARCOS 大統領を目指した麻薬王』

今ハマっているドラマがあります。

『NARCOS 大統領を目指した麻薬王』

実話をもとに描いた作品。

今話題のNETFLIX(ネットフリックス)の自主製作ドラマです。

~あらすじ~

舞台はコロンビア。

1980年代。

世界市場を急速に支配したコカイン。

麻薬密売組織「メデジン・カルテル」を創設したパブロ・エスコバルが麻薬によって莫大な富を築きあげ権力を掌握させていく中、

麻薬流通やパブロの力を危惧したコロンビア政府やアメリカ政府は事態を収めるために動くも、やがて血みどろの戦いになってゆく。

というようなストーリーです。

コロンビアとはどういう国なのか?これを見たらすべてが分かるというと言い過ぎかもしれませんが、

たった4話見ただけでも大体分かったつもりになってしまいます。

麻薬ビジネスに興味なんかないよという方には苦痛以外の何物でもないかもしれませんが、

癒着・司法制度・政治家のあるべき姿など考えさせられるドラマ仕立てとなっています。

作中に実際の写真や映像を上手に挟んでみせてくれるところがリアリティ感を増してくれます。

一見の価値ありです。



”節約ドットコム”



『安心・信頼のVisaといったら三井住友VISAカード』


『入会金・年会費無料!の大人気カード』


FC2Blogランキング
  1. 2018/01/09(火) 15:00:00|
  2. 映画評論
  3. | コメント:4
次のページ