FC2ブログ

節約ドットコム

自称超合理主義者の節約的雑記ブログ

アイスランド映画

私がずっと憧れを抱いている土地

アイスランド

そのアイスランドを舞台にした映画を3作ご紹介いたします。

内容が軽いと思われる順番で視聴しました。

①『ハートストーン』

②『ひつじ村の兄弟』

③『湿地』

『ハートストーン』

このタイトルは、ハート(Heart)とストーン(Stone)を併せた造語です。

ハート=温かい感情
ストーン=厳しい環境

これらを意味する単語を併せたハートストーンという言葉通りの青春映画となっています。

アイスランドの漁村を舞台に、雄大で閑雅な自然を感じたい方にはおすすめの映画となっています。

『ひつじ村の兄弟』

ヒツジの飼育で生活を営む村。

40年間も口を利かなかった隣同士に住む主人公の兄弟も、ひつじに命を懸けています。

アイスランドでの人たちにはひつじは欠かせず、生活にはなくてはならないものです。

アイスランディックシープ。

世界で最も古く純粋なひつじの品種の一つだと学術的に認定されています。

これらのひつじがもたらす、アイスランディックウールは世界で最も軽いウールだと言われています。

前置きはこの辺でやめますが、厳しい環境の中、優れたひつじを飼育するために命を懸けた兄弟のヒューマンドラマです。

『湿地』

こちらもその名の通り、アイスランドの湿地帯を舞台にしたミステリーとなっています。

重い。

苦しい。

そして重い。

それでもこの重苦しさこそが堪らない映画です。

こちらでも、ひつじの場面が出てきます。

ドライブスルーでひつじの頭を当たり前のように注文し、

目をくりぬいて食べ、かぶりつく。

アイスランドには欠かせない食材なのだと改めて感じる場面です。

このミステリーがすごい!に選ばれた小説を映画化したものですが、

ミステリー好きであれば観ても損はしない作品だと思います。

3作すべてに通じるもの・・・、「大自然の壮大さ」は圧巻です。

わざわざ観るほどの物ではないかもしれませんが、

目についた時に思い出してもらえれば幸いです。







”節約ドットコム”




FC2Blogランキング
  1. 2018/09/17(月) 15:00:00|
  2. 映画評論
  3. | コメント:0

東京2020年大会協賛くじ

「東京2020年大会協賛くじ」

そうです宝くじ。

何を血迷ったか、200円×50枚購入。

普段は買いません。

だって節約の対極にあるものです。

利益相反。←使い方間違っています。かなり。

でも節約という観点を抜きにしてもあらゆる面で私のポリシーに反したビジネスモデルです。

一興だ。というのがまともな理由でしょうか。

それもかなり皮肉的な。

totoBIGを年に何度かスマホから買うようになってこの一興を楽しむようになったのか・・・

というわけでもないですが、スマホ決済が便利すぎるのです。

自分の枠内で楽しみながらちびちびとやっています。

どっかのまわし者じゃないですが、夢を見るのは大事ですから。

ま、当たればすべてよしみたいな、お金至上主義自体が受け入れられない人間なので、

結局のところ、たまには乗っかって買う。という行為をしていること自体を楽しめているというのが本当のところでしょう。

終わりよければすべてよし、

否、

楽しければすべてよし。

私の1つのモットーと言えるかもしれません。

宝くじを買ったくらいで大げさですが、

敢えて世の中に乗っかるという行為は失いつつある自尊心を取り戻すのに意外と一役買います。

その「行動」「動機」はなんでもいいのです。宝くじである必要はありません。むしろ馬鹿らしい・・・

それでも、こうした行為を大事にしていきたいな、そう思った次第です。

こんな陳腐な思いを抱くのも秋という特殊な季節のせいかもしれません・・・

ところでこの記事、「投資」というカテゴリーでいいのか!?

宝くじを投資だというのはかなり重症のような(笑)



”節約ドットコム”



FC2Blogランキング
  1. 2018/09/12(水) 15:00:00|
  2. 投資
  3. | コメント:4

不動産クラウドファンディング「OwnersBook」 進捗

1万円からはじめる不動産投資というコピーで有名な「OwnersBook(オーナーズブック)」

いわゆる不動産投資クラウドファンディングです。

2018年の3月に投資を行った利回り4.5%の案件につき、

繰り上げ返済で全額返済するという旨の報告を受けました。

満期での一括返済が基本ですが、今回のようなケースが借り手によっては行われます。

確かに私もマンション経営者であれば早期返済ができるに越したことはありませんからね。

貸し手となるこちらとしても悪いニュースではありません。

4.5%の利回りであることは変わりありませんし、着実に元金が戻ってきます。

資金が流動的になります。

しかも私の場合は、個人的に決めていたOwnersBookでの予算をもうすでに、全額投資に回していたので、

当該物件にかかる今までの利息と元金を合わせた支払が行われたら、早速次の案件を探したいと思います。

あまりお金を寝かせずに次に活かしたいと思います。

OwnersBookの魅力・特徴について分かりやすく解説がなされているのでご興味のある方は下記記事をご一読してみて下さい。

OwnersBookとは(公式)

ソーシャルレンディングとは(公式)

”節約ドットコム”



FC2Blogランキング
  1. 2018/09/10(月) 15:00:00|
  2. 投資
  3. | コメント:0
次のページ