節約ドットコム

「楽しく節約」をモットーに…

『ローマに消えた男』

映画、『ローマに消えた男』

低迷がちなイタリア映画で久々のヒット作(個人的に)。

何がいいって、トニ・セルヴィッロの演技が素晴らしい。

一人二役を演じており、見事なまでの怪演です。

ここまで俳優ありきの映画を観たのは久しぶりな感じがします。

正直なところ、ストーリーの詰めの甘さを感じはしました。

本来映画はストーリーの良し悪しがその評価の大半を占めるのでしょうが、

今作では、彼の演技を観ただけでも価値があったと言い切れます。

イタリア映画には隠れた名作がたくさんありますが、

近年あまり芳しくありません。

どこの国でも人材不足なのでしょうかね。

イタリアという国の色合いでいうと、ラテン的で、陽気なイメージがありますが、

こと映画に関しては暗い作品が多いように感じます。

暗い作品の中の登場人物として描かれるキャラクターの中にイタリア的な情熱を感じ取ることができますが、

ここまで深読みして映画を観るのも少数派でしょうから、

あまり日の目を見ないのかもしれません。

ハリウッドから届けられる、あまりにも大衆的で商業的なモノの方が分かりやすいですからね。

フランス映画は昔から変わらずに芸術色が強い作品を送り出していますが、

イタリア映画に比べると軽いように感じます。しいて言うなら軽妙というのでしょうか。

どちらが良いというものではありませんが、

映画の作られたお国柄というものも背景に見据えながら作品と向き合うと表面上の面白さ以外の発見があります。

とにかくこの映画は、そうした背景を持ちつつも、

一人の俳優の怪演によって成り立っています。

凡人と天才、表と裏、光と影、成功者と脱落者、・・・という2面性を演じ切っています。

素人ながら厳しい目でいうと映画としての落ちに難ありな感じを受けましたが、

狂人を演じているときの彼が作中で急に歌い出す鼻歌が耳に残って離れない点については最後のエンドクレジットでスッキリさせてもらいました。

観ていない方には何が何やら分からない話ではありますが、この映画を観るとこの鼻歌にやられます。

共感することが少ない映画かもしれませんが、

日本人では描けない、イタリア人が描く「人間」というテーマの一端を垣間見ることができます。

正直なところ、日本人とイタリア人では感情や論理が全く相いれないので、爽快感は味わえないのが大多数だと思います。

それでも、この俳優、隅には置けないなと改めて思いましたので、必見ですよ。



”節約ドットコム”

FC2Blogランキング




おこづかい稼ぎ最大級のポイントサイト!ネットショッピングで「お得」にお買い物するならポイントタウンを経由するだけ!! 下記バナーからの簡単登録でポイント生活はじめよう!!!
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン アンケートモニター登録 新規モニター登録 ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン クラウドソーシング「ランサーズ」
  1. 2017/05/19(金) 15:00:00|
  2. 映画評論
  3. | コメント:6

超合理主義

私の節約的傾向はお金に関してだけではありません。

時間や労力などあらゆることに関して節約意識を働かせます。

自分で言うのもなんですが、日本人には珍しい、極端なまでの合理主義者です。

威張って言えるものではありません。

時には、摩擦を生んでしまいますからね。

そういう時には、民主主義を優先させます。

私の意見を聞かれるのであれば、個人的な意見を述べますが、

大体の意見が決まっている中で、あまりにも合理的な観点からの意見は胸にしまっておきます。

こういうことは頻繁にあります。

頻繁にあるということは、非合理的な理論でたいていの世の中は進んでいるということになります。

非合理的な考えというのは、感情論です。

それに対して合理的な考えは、理性が働いています。

残念ながら、たいていの企業は、大企業・中小企業・零細企業に関わらず感情論が先走ります。

「いくら儲けたい」というのは感情ですからね。

ただし、この感情は正しい感情です。

この感情をかみ砕いていうと、家族を養うために、生活を営むために、お金が必要なので、

「・・・いくら儲けたい」というのが正解です。

だけど、この前提がない場合もあります。

となると、「儲けたい」は本当の意味での感情論になり、

ただ単に儲けを追求する場合は、会社に在籍している社員が犠牲となります。

そこで、合理的に儲けるためのアイデアを出し合ったり、建設的な議論がなされるのであれば健全ですが、

「いかにして儲けるか」という強い感情論から派生している場合、こうした議論はあまり建設的にはなりにくいものです。

このようにして、様々なハラスメントが起きるように感じます。

ハラスメントの土台が出来上がっているのです。

私は合理主義を人に押し付けるつもりはありませんが、私の周囲は大体理解を示してくれます。

私の反応が分かるようです。

何かを聞かれた場合、否定語は基本的に使いませんが、

なぜそのようにするのか、また思うのかという根拠だけは必ず聞くようにしています。

本人なりの根拠があるのであれば、違う意見であっても賛成します。

それも私なりの合理主義的な行動の一つです。

私の理想は、売上至上主義の世の中で、売り上げに固執しないで、成績を伸ばすことです。

本当に合理的であれば、合理的に稼ぐことができるはずですからね。

一番効率がいいはずです。

会社だけでなく、家庭であっても、さらにその他の人間関係、または一人の時間の使い方でも同じだと感じます。

理性よりも感情が勝っていると非合理的な空間の中で物事が進んでいきます。

分かっていても、理性<感情になりがちなので、

節約という言葉は誤解されているもったいない言葉だと思います。

本当は、ケチでもなければ、家計を切り詰めるようなツラいモノではありません。

そういうイメージが強いのも理性<感情だからではないでしょうか。

ですから、もっともっといい意味で使われて欲しいなと思います。

”節約ドットコム”

FC2Blogランキング




おこづかい稼ぎ最大級のポイントサイト!ネットショッピングで「お得」にお買い物するならポイントタウンを経由するだけ!! 下記バナーからの簡単登録でポイント生活はじめよう!!!
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン アンケートモニター登録 新規モニター登録 ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン クラウドソーシング「ランサーズ」
  1. 2017/05/18(木) 15:00:00|
  2. 節約
  3. | コメント:9

気持ちを新たに

「山田の四則演算で分かるポイントサイト検証ブログ」を運営される、山田太郎さんに私のブログを紹介していただきました。

一貫性のない当ブログを読んでくれる人がいるということ、

また、それを自分のブログで紹介するという心意気に深謝いたします。

高邁な文章を書くことができるようにという気持ちを新たに持たせてくれました、山田様、あらためてお礼を申し上げます。

あれ?高邁な文章って・・・節約やポイントサイトの紹介等とちょっと趣旨が違っていますが、気にせずに行こうと思います(笑)

それにしても山田さんのブログは本当に勉強になりますので、ぜひ一度ご訪問してみて下さいね!

”節約ドットコム”

FC2Blogランキング




おこづかい稼ぎ最大級のポイントサイト!ネットショッピングで「お得」にお買い物するならポイントタウンを経由するだけ!! 下記バナーからの簡単登録でポイント生活はじめよう!!!
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン アンケートモニター登録 新規モニター登録 ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン クラウドソーシング「ランサーズ」
  1. 2017/05/17(水) 15:00:00|
  2. 雑談
  3. | コメント:14

信じる者は救われますか?

「信じる者は救われる」

「すべてのものを疑って見よ」

というような2つの言葉があります。

真逆の言葉ですが、求めているものは同じものです。

前者の言葉の主体は、どちらかというと、自分にありません。

後者の言葉の主体は、自分自身にあります。

正しい決断をするために時と場合によってどちらの言葉も知らず知らずのうちに使い分けているのでしょうが、

私個人は、「信じる者は救われる」の方が好きですね。

主体性が自分にないため、ともすれば、宗教的な色合いの強い言葉かもしれません。

でも、例えば夢や希望(望み)などは、口に出したり、文字に起こしたりする方が叶うとも言います。

秘かに心で願っているよりも、言葉にして発するだけで夢に近づけるのであれば何と簡単なことでしょう。

しかし実際は、自分の夢や希望、目標や目的を、人目をはばからずに発することは大変なことです。

また、「すべてのものを疑って見よ」的な言葉は、見るものや聞くものを疑ってかかるというように使ってしまいがちですが、

私が本当に有益だなと思うのは、自分自身を疑って見ることです。

自分の判断や決断、物事を見る目は正しいのか。

んなわけないよな。と私は思います。

だから、自戒の念を込めて使われるべき言葉のように感じます。

だけど、あえて自分の気持ちを信じてみる。

自分の気持ちを信じるのだから主体は自分にありそうですが、

実は、信じた先の結果に主体性があります。

信じている段階では、その結果が正しいのか分からない盲目な状態ではありますが、

穿った目で物事を見るよりも、自分の判断を信じたい。

出来れば正しい判断を下したいところなので、盲目にならないように不断の努力をする。

自分自身を信じることができないで、他人を信じることはできません。

だがしかし、自分であっても他人であっても、信じる事ってかなり難しいものです。

だからこそ、モノにしたいなと思うわけです。

あえて難しい事に挑戦する姿勢を大切にしたい。

疑ってかかるのは簡単ですから・・・

進歩がありませんし、建設的でもありません。

逃げの姿勢のように感じてしまいます。

「何かを信じることができているか?」と自分に言い聞かせるための記事となりました(笑)

”節約ドットコム”

FC2Blogランキング




おこづかい稼ぎ最大級のポイントサイト!ネットショッピングで「お得」にお買い物するならポイントタウンを経由するだけ!! 下記バナーからの簡単登録でポイント生活はじめよう!!!
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン アンケートモニター登録 新規モニター登録 ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン クラウドソーシング「ランサーズ」
  1. 2017/05/16(火) 15:00:00|
  2. 雑談
  3. | コメント:14

『特捜部Q 檻の中の女』

特捜部Q 檻の中の女

(劇場公開日 2015年1月24日)

ようやくレンタルしました。

特捜部Qシリーズの第1作目です。

デンマークの映画ですね。

ストーリーは簡単にいうと推理モノですが、推理自体より、

人間性の描き方が丁寧で、

北欧独特の憂いさが画面いっぱいに描かれているので、

私の好きな重厚感がありました。

ユッシ・エーズラ・オールスンのミステリー小説が原作となっており、

現在、3作品が映画化されているようです。



原作は読んでいませんが、

原作はかなり優れているのだろうと容易に想像できましたので、

小説の方も揃えたいなと思ったりしました。

ということで、次の週末は、第2作目の、

特捜部Q キジ殺し をレンタルするしかなさそうです。

”節約ドットコム”

FC2Blogランキング




おこづかい稼ぎ最大級のポイントサイト!ネットショッピングで「お得」にお買い物するならポイントタウンを経由するだけ!! 下記バナーからの簡単登録でポイント生活はじめよう!!!
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン アンケートモニター登録 新規モニター登録 ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン クラウドソーシング「ランサーズ」
  1. 2017/05/15(月) 15:00:00|
  2. 映画評論
  3. | コメント:2
前のページ 次のページ