節約ドットコム

「楽しく節約」をモットーに…

『ローマに消えた男』

映画、『ローマに消えた男』

低迷がちなイタリア映画で久々のヒット作(個人的に)。

何がいいって、トニ・セルヴィッロの演技が素晴らしい。

一人二役を演じており、見事なまでの怪演です。

ここまで俳優ありきの映画を観たのは久しぶりな感じがします。

正直なところ、ストーリーの詰めの甘さを感じはしました。

本来映画はストーリーの良し悪しがその評価の大半を占めるのでしょうが、

今作では、彼の演技を観ただけでも価値があったと言い切れます。

イタリア映画には隠れた名作がたくさんありますが、

近年あまり芳しくありません。

どこの国でも人材不足なのでしょうかね。

イタリアという国の色合いでいうと、ラテン的で、陽気なイメージがありますが、

こと映画に関しては暗い作品が多いように感じます。

暗い作品の中の登場人物として描かれるキャラクターの中にイタリア的な情熱を感じ取ることができますが、

ここまで深読みして映画を観るのも少数派でしょうから、

あまり日の目を見ないのかもしれません。

ハリウッドから届けられる、あまりにも大衆的で商業的なモノの方が分かりやすいですからね。

フランス映画は昔から変わらずに芸術色が強い作品を送り出していますが、

イタリア映画に比べると軽いように感じます。しいて言うなら軽妙というのでしょうか。

どちらが良いというものではありませんが、

映画の作られたお国柄というものも背景に見据えながら作品と向き合うと表面上の面白さ以外の発見があります。

とにかくこの映画は、そうした背景を持ちつつも、

一人の俳優の怪演によって成り立っています。

凡人と天才、表と裏、光と影、成功者と脱落者、・・・という2面性を演じ切っています。

素人ながら厳しい目でいうと映画としての落ちに難ありな感じを受けましたが、

狂人を演じているときの彼が作中で急に歌い出す鼻歌が耳に残って離れない点については最後のエンドクレジットでスッキリさせてもらいました。

観ていない方には何が何やら分からない話ではありますが、この映画を観るとこの鼻歌にやられます。

共感することが少ない映画かもしれませんが、

日本人では描けない、イタリア人が描く「人間」というテーマの一端を垣間見ることができます。

正直なところ、日本人とイタリア人では感情や論理が全く相いれないので、爽快感は味わえないのが大多数だと思います。

それでも、この俳優、隅には置けないなと改めて思いましたので、必見ですよ。



”節約ドットコム”

FC2Blogランキング




おこづかい稼ぎ最大級のポイントサイト!ネットショッピングで「お得」にお買い物するならポイントタウンを経由するだけ!! 下記バナーからの簡単登録でポイント生活はじめよう!!!
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン アンケートモニター登録 新規モニター登録 ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン クラウドソーシング「ランサーズ」
  1. 2017/05/19(金) 15:00:00|
  2. 映画評論
  3. | コメント:6
<<風に吹かれて | ホーム | 超合理主義>>

コメント

こんばんはm(_ _)m
節約ドットコムさんの映画語りには毎度、楽しませて頂いております。
自分のあまり観ないような映画から始まり、その視点、考えに勉強させられます。おかげさまで、私の場合は、今まで観た映画の新しい見方、考え方、発見に繋がったりします。これから観る映画においても、自分なりに深く考えて、記事にできたらいいなぁ...そんな風に思っております。さて、週末は何を観ようかなぁ♪
  1. 2017/05/19(金) 18:36:52 |
  2. URL |
  3. ゆるパパ #RDbO7zqE
  4. [ 編集 ]

イタリア映画、なかなか理解が難しいんですよね。
この映画見ましたけど、ちょっと理解できなかったです。

節約ドットコムさんのように、俳優さんをメインに見るのもありかもしれないですね。
ポチッ。
  1. 2017/05/19(金) 21:58:49 |
  2. URL |
  3. kaja #-
  4. [ 編集 ]

ゆるパパさんへ

コメントありがとうございます。

映画は奥深い・・・
私は、いつもゆるパパさんとのやり取りでお互いに観ていないものを紹介し合っているのを秘かに楽しんでおります(笑)
娯楽作品は思いっきり楽しみ、ちょっと深みのありそうな作品は思いっきり深読みして観ています。
もしかして私は、暇人なのでしょうか(笑)
  1. 2017/05/19(金) 22:06:02 |
  2. URL |
  3. 節約ドットコム #-
  4. [ 編集 ]

kajaさんへ

コメントありがとうございます。

イタリア映画、実は難しいですよね。
日本人との相性は最悪かもしれません。
ロベルト・ベニーニみたいのが出てくるとまた楽しめるかもしれませんが。
監督メインか、俳優メイン、私の場合ストーリーよりもこちらの方が大きいですね(笑)
  1. 2017/05/19(金) 22:08:57 |
  2. URL |
  3. 節約ドットコム #-
  4. [ 編集 ]

節約ドットコム様が絶賛されるトニさん、ヤバイ・・・。予告編で、もう惚れてしまいそうになりました。こういうおじさん俳優大好きなんですよね。トニさん、トニさん☆
合理的って、ようは「有意義に過ごしたい」って気持ちなんですよね~。ただそれだけなのに、冷たい人間扱いだ・・・。
味方がいるような心強い気持ちになれました!
  1. 2017/05/20(土) 07:07:14 |
  2. URL |
  3. 馬場亜紀 #-
  4. [ 編集 ]

馬場亜紀さんへ

コメントありがとうございます。

おじさま好きは本物のようですね(笑)
どう考えても非合理主義の中では有意義に過ごせませんよね・・・
私もよく言われますよ、冷たい人間だと。
本当にうわべしか見えない人なんだなと悲しくなりますが、しょうがないところもあります。
私も心強い味方が見つかってうれしく思います!!
  1. 2017/05/20(土) 12:29:37 |
  2. URL |
  3. 節約ドットコム #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する