節約ドットコム

「楽しく節約」をモットーに…

バドミントンを始めてみました。

一番軽いスポーツだという思い込みから・・・

いや、確かに軽い。

だが、動かない・・・私の身体が。

やりだすからには、それなりに上達したいという思いが私なりのスポーツへの向き合い方です。

何も知らなくても、それなりにラリーくらいは出来ますよ。

でも、試合形式になると、スマッシュと、レシーブが出来ないと点が取れない。

当然ですが、上下左右の運動量もそれなりにあります。

鈍った体を動かすには最適のスポーツかもしれません。

こうなったら、基本から知りたいと思うのがこれまた私の性ですから、

すぐさまTSUTAYAで何かDVDは貸し出していないかと安易な発想をしてしまい、

くまなく探しましたが、さすがにバドミントンのDVDは見つからないのもこれも当然のことかもしれません。

こういう時は・・・YouTubeの出番ですかね。

体の動かし方の基本、ラケットの持ち方の基本、サーブの基本、スマッシュの基本、レシーブの基本、

全て頭で理解しないと気が済まない。

本当はフットサルがいいんですけど、

怠けた体にはハードルが高すぎますので、体力づくりとしてまずはバドミントンをものにしようと勝手に意気込んでいます。

以前も何かの記事で書きましたが、スポーツマンシップの精神が私は好きです。

礼に始まり礼に終わる。

文武両道っていい言葉ですよね。

綺麗な顔立ちやお金持ちのボンボンなんかよりも憧れの対象です。

生まれたときから受け継がれたものよりも、自身の努力で切り開いた生きざまはカッコいいモノです。

そうした「名もなきヒーロー」はその名のとおり、一般的な日の目を見ることはないのかもしれませんが、

人として、最大限の敬意を示すべきだと感じます。

名もなきヒーロー・・・実は結構多いということを最近実感します。

名がないため、その辺ですれ違った人が、実は隠れた何かしらの名手であることも多そうです。

その時々を真摯にそして真剣に取り組めば誰でもそうなれるのでしょうが、

私の場合、例にもれず学生時代は周りの影響を受け、真剣にしない方がカッコいいという誤った価値観が支配する一味の中にいたような気がします。

後悔先に立たず=ことが終わった後で悔いても取り返しがつかない。ということですが、まさにこの典型。

しかも、その青春時代がどれだけ大事な時期なのかなんて誰も教えてくれませんから。

今は、取り返しのつかない後悔を少しでも軽くしようと、精一杯もがいている最中です。

たかがバドミントン、されど・・・

全てのことに全力で取り組むことが何よりカッコいいことだと気づくのが遅かったので、

今更感はありますが、「いくつになっても遅くない・やり直しはきく」という根拠の薄い言葉だけを頼りにしております。

そういう姿勢が本当にカッコいいことで、粋なことなのかは分かりませんが、

自分なりにそう気づくことができたので良しとするしかありません。

バドミントンをしながらちょっと飛躍した考えをしてしまいましたが、

一つの事柄に対する姿勢はすべてに通じるというのは一つの真理だと思いますので、

自分で勝手に限界を決めずに進むしかありません。

一時的な体力面でのキツさは否めませんが、体力面だけでなく、精神面でのリフレッシュ効果が得られる気もしますから。

スポーツにしろ、勉強にしろ、基礎的なものが欠落している私は、年甲斐もなく今から青春時代を迎えようとしています。

失われた時代を取り戻すために・・・

”節約ドットコム”

FC2Blogランキング




おこづかい稼ぎ最大級のポイントサイト!ネットショッピングで「お得」にお買い物するならポイントタウンを経由するだけ!! 下記バナーからの簡単登録でポイント生活はじめよう!!!
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン アンケートモニター登録 新規モニター登録 ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン クラウドソーシング「ランサーズ」
  1. 2017/05/24(水) 15:00:00|
  2. 未分類
  3. | コメント:1

『特捜部Q キジ殺し』

先日の記事、『特捜部Q 檻の中の女』の続編です。

前回も紹介しましたが、デンマーク発の映画です。

ユッシ・エーズラ・オールスンのミステリー小説を映画化したもので、

今作が、第2作目となります。

北欧ミステリー・・・かなりいいですよ。

たった2作でかなりハマってしまっています。

第1作目よりも格段に映画の質を上げています。

実は前半だけの内容では、前作から劣るな~とか心で思っていましたが、

映画の後半、かなり引き込まれる展開に。

本当に暗い映画で、最後まで観ても胸の奥が苦しい思いをするような映画でしたが、

確実に映画としてのレベルアップを果たしています。

前作と違うのところ、前作では謎解き的な要素が見受けられましたが、

今作では、謎解きというより、事件関係者とのやり取り、犯人とのやり取り、

犯人の異常性に対して、熱血漢の主人公がどう追い詰めるのか…

熱血漢と書きましたが、実はちょっと違いまして、悪く言うと(悪く言わないでも?)破滅型のキャラクターとなっています。

正義感が強いのは間違いありません。

こういうのを観るといつも私が思うこと、正義感って暑苦しいけれども爽やかな性質を持っており、

私には持ち合わせない性質なので、正義感が強く描かれるキャラクターにはどうしても惹かれてしまいます。

とにかくラストは単純ですがかなり良かった部類に入ります。

映画の製作で一番難しいところ。

個人的にはラストシーンだと思っています。

要は「落ち」ですね。

落とし方が下手な作品がなんと多い事か。

主観が強く働くところではあるでしょうが、ストーリはいいのに、最後がなんだかモヤッとするというのがかなりあります。

起承転結を綺麗にまとめることは難しいというところでしょうね。

脚本家の才能を知るうえで見逃せない点です。

こと映画に関しては、普通に終わらせればいいのに、奇をてらうことを好んでしたがる脚本家・監督が多いように感じます。

2時間良くても最後の5分で駄作になり得る怖いところです。

そして一視聴者からすると、最後の5分に何やってくれてんの?となるのです。

特捜部シリーズのように原作がしっかりしたモノであれば、ある程度ハズレがないと言えるのかもしれませんから、

自作にも期待が持てそうです。

小説自体は今のところ7作あるようで、日本では順調に6作出版されているようですし、

映画製作の流れも、今のところ順を追って作られているようですので、

最後まで付き合えそうな映画の一つだと思っています。

今のところ第3作目の「特捜部Q Pからのメッセージ」が最新のようなので、

週末の楽しみがまた一つできた模様です。



”節約ドットコム”

FC2Blogランキング




おこづかい稼ぎ最大級のポイントサイト!ネットショッピングで「お得」にお買い物するならポイントタウンを経由するだけ!! 下記バナーからの簡単登録でポイント生活はじめよう!!!
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン アンケートモニター登録 新規モニター登録 ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン クラウドソーシング「ランサーズ」
  1. 2017/05/23(火) 15:00:00|
  2. 映画評論
  3. | コメント:4

『メッセージ』

『君の名は。』ぶりの映画館へ行ってきました。

何を観ようかと迷った結果、

『メッセージ』をチョイス。

以前、私の愛読ブログ「ゆるパパの気まぐレポ」さんで紹介されていたので気になっていました。

SFモノは観ないわけではありませんが、映画で得た情報を出来るだけ大切に扱いたいと日ごろから思っている私でも、

かなりの確率で右から左へと消えていくようなあまり相性がいいとは言えないジャンルです。

しかし、メッセージ。

なかなかよいではありませんか。

映画館で見るべき映画だと感じました。

実は、何を観ようかと迷ったのは、今月は不作だなと感じていたからです。

これを観たい!と思うようなものは上映されていなかった・・・

その結果のメッセージ。

大満足です。

SFモノを観るときに重要な要素となる、時系列。

これが私にも理解できたことが大きい(笑)

ストーリーが単純というわけでは決してありません。

未知のものと遭遇した時の現代社会を、

世界的な大きな視点ではなく、一人の視点から描いているのですが、

これがなかなか確かにと思わせられる。

未知との遭遇=エイリアンですが、エイリアンと接触するのが、主人公の言語学者なのです。

未知のものを知るためには、まず言葉から。

とても理にかなっています。

私なりに納得できるロジックでこの映画は構成されていたように感じます。

SF映画にありがちな、特有の飛躍が見受けられませんでした。

破壊や絶望ではなく、友好的で温かい気持ちに包まれた映画です。

最初に抱いた印象をいい意味で裏切ってくれたのでよりよい印象を受けたところもあるかもしれませんが、

ハリウッド映画は他国をしり目にさらに1段階上の高みへと昇ってしまったように感じます。

終わり方の不快感が実は多少ありますが、自分の中で説明がついているのでよしとします。

原作があるようです。この映画を見ると原作はどれほど素晴らしいことだろうと思わずにいられません。

原作と映画、これほどの話ではかなり脚色されているでしょうから、別物と捉えて、

その両方を知ることでさらなる満足へと導いてくれることでしょう。



”節約ドットコム”

FC2Blogランキング




おこづかい稼ぎ最大級のポイントサイト!ネットショッピングで「お得」にお買い物するならポイントタウンを経由するだけ!! 下記バナーからの簡単登録でポイント生活はじめよう!!!
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン アンケートモニター登録 新規モニター登録 ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン クラウドソーシング「ランサーズ」
  1. 2017/05/22(月) 15:00:00|
  2. 映画評論
  3. | コメント:8

インドア遍歴

子供のころは外で遊ぶのも人一倍でしたが、

家の中で本を読んだり、映画を観たり、ピアノを弾いたりというインドア趣向でもありました。

今思うと家の中にはたくさんの本がありました。

本当にありがたいことです。

そういった意味では間違いなく恵まれていました。

本を読めと強制されたことはありませんが、物心ついたころから理解できないような難しい本に接することができたのは幸運です。

一番親に感謝しないといけないところかもしれません。

読書をしていくと、最終的に行き着く本。

それは、「聖書」ではないでしょうか。

世界で一番のベストセラーです。

というのは、聖書を理解しないと、本の内容が理解できない。

特に外国語文学。

必ずと言っていいほど、聖書の聖句が引用されていたり、ストーリーの根底に聖書の価値観が反映されています。

小学生時代にジッドの「狭き門」を理解するために、聖書を傍らにおいて辞書のように使っていたのを思い出します。

映画でもそうです。

音楽でもそうですね。

というより、現在の社会そのものにも関係しています。

プロテスタントと、カトリック、イスラム教や、ユダヤ教。

国と国との戦争のすべてにかかわっている発端を知るには聖書を知らないと十分に理解できません。

ヨーロッパの国の生い立ちや、アジアもしかり。

そういう意味で日本は本当に稀有な国です。

極東の島国で独自の文化を創出しています。

まぁ、主に中国文化の影響をもろに受けていますが、聖書の価値観は今の世界情勢の中にあってもなお、日本人には周知されていませんので、逆に凄いことだと感じます。

これだけ国際化が進んだ社会にあっても「元号」を使っていますからね。

西暦という言葉からも分かるように、世界では基本が聖書にあるのです。

宗教的な記事を書くつもりはないので誤解されると困ることになりますが、

聖書の教えではなく、聖書の歴史を知ると、読書だけでなく普段の日常生活においてもいつもと違う視点から物事を見ることができるようになる気がします。

無神論者の多い日本人だからこそ一度は読んでほしい書物です。

宗教的な視点を持っていないからこそかなり貪欲に吸収できるはずです。

普通の本は一度読んだら二度読み返すということはありませんが、

聖書に関しては、まさしく愛読書といえます。

繰り返しになりますが、辞書のように使っています。

映画を観るときも、必要だったりしますので。

ただし、翻訳によって言葉が変わってきたり、いろいろと正しい理解をするのに支障をきたす本でもありますので、

出来るだけ、ちゃんとした翻訳の本を選ぶのが大切だと感じます。

気になりはするけど読んだことがないという人が多い本ではありますが、

読む価値はあると思います。

世界情勢に密接している唯一の本ですから。

”節約ドットコム”

FC2Blogランキング




おこづかい稼ぎ最大級のポイントサイト!ネットショッピングで「お得」にお買い物するならポイントタウンを経由するだけ!! 下記バナーからの簡単登録でポイント生活はじめよう!!!
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン アンケートモニター登録 新規モニター登録 ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン クラウドソーシング「ランサーズ」
  1. 2017/05/21(日) 15:00:00|
  2. 雑談
  3. | コメント:10

風に吹かれて

ブログの更新を毎日続けるようになって、約半年間。

その間、顔の見えないブロガーさんとたくさんのやり取りをしてきました。

アクセス数が多い方はそういった対処にどう向き合っているのか分かりませんが、

私の場合、ほんの少しのアクセス数の中で十分な満足感が得られています。

丁度いい按配です。

半年間も経つと、たくさんの交流の中で、限られた人たちとの交流に絞られてきます。

似た者同士が寄るのか、真逆のスタイルが気になるのか。

理由はどちらもありそうですが、こんなブログでも毎日訪問して下さる方がいてくれます。

顔の見えない方々から得られる情報は文章とコメントのみですが、

断言できるのは、私のブログに訪問して下さるのは、間違いなく「いい人」で「律儀」な方たちばかりです。

中には、曲者(失礼)もいますが、いい人に間違いないでしょう(笑)

こんな人たちばかりで構成された「世の中」というのは例えが大げさすぎますので、「村」程度にしておきますが、

その村は喧々諤々やりながらも多分現実よりも平和だろうと、現実逃避の想像をしてしまうくらいです。

私の中では、その村のリーダーやサブリーダー、書記長やアイデアマン、奇抜なタイプの人たちなどのキャラクターも勝手に出来上がってしまっております。

ほぼ間違いないでしょう。

私は、「裏」でコソコソさせてもらいますが・・・

とまぁ、私が今よりも多少は魅力のあることをやっていかねば、半年後のメンバーが総入れ替えになってしまいかねません・・・

くだらない文章の中に、一言だけでも「クスッ」とか「グサッ」とかのスパイスを入れられるように「何かを」求め続けますよ。

今日私の住んでいるところでは、大きな花火大会があり、他県から観光客がぞくぞくと来るという事態が起きますので、(すでに起きていますが)

私は、引きこもって映画三昧で過ごします。

何でもそうですがイベントの際は、地元民はそうして過ごすのが一番です。

明日の記事が、ただの花火大会の記事では面白くないですからね。

写真乗せて、「綺麗だった・・・」の記事で訪問者様の機嫌を損ねてはいけませんからね(笑)

もちろんジョークですが、明日の記事は、未だ決まっておりません・・・

花火大会のようなイベントを書ければいいのですが、自分が納得できない。

自分で自分の首を絞めておりますが、こういう時だけポジティブ思考で、明日は明日の風が吹くで行きますよ。

「友よ答えは風に吹かれて風に吹かれている」ということです。



”節約ドットコム”

FC2Blogランキング




おこづかい稼ぎ最大級のポイントサイト!ネットショッピングで「お得」にお買い物するならポイントタウンを経由するだけ!! 下記バナーからの簡単登録でポイント生活はじめよう!!!
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン アンケートモニター登録 新規モニター登録 ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン クラウドソーシング「ランサーズ」
  1. 2017/05/20(土) 15:00:00|
  2. 雑談
  3. | コメント:11

『ローマに消えた男』

映画、『ローマに消えた男』

低迷がちなイタリア映画で久々のヒット作(個人的に)。

何がいいって、トニ・セルヴィッロの演技が素晴らしい。

一人二役を演じており、見事なまでの怪演です。

ここまで俳優ありきの映画を観たのは久しぶりな感じがします。

正直なところ、ストーリーの詰めの甘さを感じはしました。

本来映画はストーリーの良し悪しがその評価の大半を占めるのでしょうが、

今作では、彼の演技を観ただけでも価値があったと言い切れます。

イタリア映画には隠れた名作がたくさんありますが、

近年あまり芳しくありません。

どこの国でも人材不足なのでしょうかね。

イタリアという国の色合いでいうと、ラテン的で、陽気なイメージがありますが、

こと映画に関しては暗い作品が多いように感じます。

暗い作品の中の登場人物として描かれるキャラクターの中にイタリア的な情熱を感じ取ることができますが、

ここまで深読みして映画を観るのも少数派でしょうから、

あまり日の目を見ないのかもしれません。

ハリウッドから届けられる、あまりにも大衆的で商業的なモノの方が分かりやすいですからね。

フランス映画は昔から変わらずに芸術色が強い作品を送り出していますが、

イタリア映画に比べると軽いように感じます。しいて言うなら軽妙というのでしょうか。

どちらが良いというものではありませんが、

映画の作られたお国柄というものも背景に見据えながら作品と向き合うと表面上の面白さ以外の発見があります。

とにかくこの映画は、そうした背景を持ちつつも、

一人の俳優の怪演によって成り立っています。

凡人と天才、表と裏、光と影、成功者と脱落者、・・・という2面性を演じ切っています。

素人ながら厳しい目でいうと映画としての落ちに難ありな感じを受けましたが、

狂人を演じているときの彼が作中で急に歌い出す鼻歌が耳に残って離れない点については最後のエンドクレジットでスッキリさせてもらいました。

観ていない方には何が何やら分からない話ではありますが、この映画を観るとこの鼻歌にやられます。

共感することが少ない映画かもしれませんが、

日本人では描けない、イタリア人が描く「人間」というテーマの一端を垣間見ることができます。

正直なところ、日本人とイタリア人では感情や論理が全く相いれないので、爽快感は味わえないのが大多数だと思います。

それでも、この俳優、隅には置けないなと改めて思いましたので、必見ですよ。



”節約ドットコム”

FC2Blogランキング




おこづかい稼ぎ最大級のポイントサイト!ネットショッピングで「お得」にお買い物するならポイントタウンを経由するだけ!! 下記バナーからの簡単登録でポイント生活はじめよう!!!
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン アンケートモニター登録 新規モニター登録 ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン クラウドソーシング「ランサーズ」
  1. 2017/05/19(金) 15:00:00|
  2. 映画評論
  3. | コメント:6

超合理主義

私の節約的傾向はお金に関してだけではありません。

時間や労力などあらゆることに関して節約意識を働かせます。

自分で言うのもなんですが、日本人には珍しい、極端なまでの合理主義者です。

威張って言えるものではありません。

時には、摩擦を生んでしまいますからね。

そういう時には、民主主義を優先させます。

私の意見を聞かれるのであれば、個人的な意見を述べますが、

大体の意見が決まっている中で、あまりにも合理的な観点からの意見は胸にしまっておきます。

こういうことは頻繁にあります。

頻繁にあるということは、非合理的な理論でたいていの世の中は進んでいるということになります。

非合理的な考えというのは、感情論です。

それに対して合理的な考えは、理性が働いています。

残念ながら、たいていの企業は、大企業・中小企業・零細企業に関わらず感情論が先走ります。

「いくら儲けたい」というのは感情ですからね。

ただし、この感情は正しい感情です。

この感情をかみ砕いていうと、家族を養うために、生活を営むために、お金が必要なので、

「・・・いくら儲けたい」というのが正解です。

だけど、この前提がない場合もあります。

となると、「儲けたい」は本当の意味での感情論になり、

ただ単に儲けを追求する場合は、会社に在籍している社員が犠牲となります。

そこで、合理的に儲けるためのアイデアを出し合ったり、建設的な議論がなされるのであれば健全ですが、

「いかにして儲けるか」という強い感情論から派生している場合、こうした議論はあまり建設的にはなりにくいものです。

このようにして、様々なハラスメントが起きるように感じます。

ハラスメントの土台が出来上がっているのです。

私は合理主義を人に押し付けるつもりはありませんが、私の周囲は大体理解を示してくれます。

私の反応が分かるようです。

何かを聞かれた場合、否定語は基本的に使いませんが、

なぜそのようにするのか、また思うのかという根拠だけは必ず聞くようにしています。

本人なりの根拠があるのであれば、違う意見であっても賛成します。

それも私なりの合理主義的な行動の一つです。

私の理想は、売上至上主義の世の中で、売り上げに固執しないで、成績を伸ばすことです。

本当に合理的であれば、合理的に稼ぐことができるはずですからね。

一番効率がいいはずです。

会社だけでなく、家庭であっても、さらにその他の人間関係、または一人の時間の使い方でも同じだと感じます。

理性よりも感情が勝っていると非合理的な空間の中で物事が進んでいきます。

分かっていても、理性<感情になりがちなので、

節約という言葉は誤解されているもったいない言葉だと思います。

本当は、ケチでもなければ、家計を切り詰めるようなツラいモノではありません。

そういうイメージが強いのも理性<感情だからではないでしょうか。

ですから、もっともっといい意味で使われて欲しいなと思います。

”節約ドットコム”

FC2Blogランキング




おこづかい稼ぎ最大級のポイントサイト!ネットショッピングで「お得」にお買い物するならポイントタウンを経由するだけ!! 下記バナーからの簡単登録でポイント生活はじめよう!!!
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン アンケートモニター登録 新規モニター登録 ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン クラウドソーシング「ランサーズ」
  1. 2017/05/18(木) 15:00:00|
  2. 節約
  3. | コメント:9

気持ちを新たに

「山田の四則演算で分かるポイントサイト検証ブログ」を運営される、山田太郎さんに私のブログを紹介していただきました。

一貫性のない当ブログを読んでくれる人がいるということ、

また、それを自分のブログで紹介するという心意気に深謝いたします。

高邁な文章を書くことができるようにという気持ちを新たに持たせてくれました、山田様、あらためてお礼を申し上げます。

あれ?高邁な文章って・・・節約やポイントサイトの紹介等とちょっと趣旨が違っていますが、気にせずに行こうと思います(笑)

それにしても山田さんのブログは本当に勉強になりますので、ぜひ一度ご訪問してみて下さいね!

”節約ドットコム”

FC2Blogランキング




おこづかい稼ぎ最大級のポイントサイト!ネットショッピングで「お得」にお買い物するならポイントタウンを経由するだけ!! 下記バナーからの簡単登録でポイント生活はじめよう!!!
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン アンケートモニター登録 新規モニター登録 ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン クラウドソーシング「ランサーズ」
  1. 2017/05/17(水) 15:00:00|
  2. 雑談
  3. | コメント:14

信じる者は救われますか?

「信じる者は救われる」

「すべてのものを疑って見よ」

というような2つの言葉があります。

真逆の言葉ですが、求めているものは同じものです。

前者の言葉の主体は、どちらかというと、自分にありません。

後者の言葉の主体は、自分自身にあります。

正しい決断をするために時と場合によってどちらの言葉も知らず知らずのうちに使い分けているのでしょうが、

私個人は、「信じる者は救われる」の方が好きですね。

主体性が自分にないため、ともすれば、宗教的な色合いの強い言葉かもしれません。

でも、例えば夢や希望(望み)などは、口に出したり、文字に起こしたりする方が叶うとも言います。

秘かに心で願っているよりも、言葉にして発するだけで夢に近づけるのであれば何と簡単なことでしょう。

しかし実際は、自分の夢や希望、目標や目的を、人目をはばからずに発することは大変なことです。

また、「すべてのものを疑って見よ」的な言葉は、見るものや聞くものを疑ってかかるというように使ってしまいがちですが、

私が本当に有益だなと思うのは、自分自身を疑って見ることです。

自分の判断や決断、物事を見る目は正しいのか。

んなわけないよな。と私は思います。

だから、自戒の念を込めて使われるべき言葉のように感じます。

だけど、あえて自分の気持ちを信じてみる。

自分の気持ちを信じるのだから主体は自分にありそうですが、

実は、信じた先の結果に主体性があります。

信じている段階では、その結果が正しいのか分からない盲目な状態ではありますが、

穿った目で物事を見るよりも、自分の判断を信じたい。

出来れば正しい判断を下したいところなので、盲目にならないように不断の努力をする。

自分自身を信じることができないで、他人を信じることはできません。

だがしかし、自分であっても他人であっても、信じる事ってかなり難しいものです。

だからこそ、モノにしたいなと思うわけです。

あえて難しい事に挑戦する姿勢を大切にしたい。

疑ってかかるのは簡単ですから・・・

進歩がありませんし、建設的でもありません。

逃げの姿勢のように感じてしまいます。

「何かを信じることができているか?」と自分に言い聞かせるための記事となりました(笑)

”節約ドットコム”

FC2Blogランキング




おこづかい稼ぎ最大級のポイントサイト!ネットショッピングで「お得」にお買い物するならポイントタウンを経由するだけ!! 下記バナーからの簡単登録でポイント生活はじめよう!!!
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン アンケートモニター登録 新規モニター登録 ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン クラウドソーシング「ランサーズ」
  1. 2017/05/16(火) 15:00:00|
  2. 雑談
  3. | コメント:14

『特捜部Q 檻の中の女』

特捜部Q 檻の中の女

(劇場公開日 2015年1月24日)

ようやくレンタルしました。

特捜部Qシリーズの第1作目です。

デンマークの映画ですね。

ストーリーは簡単にいうと推理モノですが、推理自体より、

人間性の描き方が丁寧で、

北欧独特の憂いさが画面いっぱいに描かれているので、

私の好きな重厚感がありました。

ユッシ・エーズラ・オールスンのミステリー小説が原作となっており、

現在、3作品が映画化されているようです。



原作は読んでいませんが、

原作はかなり優れているのだろうと容易に想像できましたので、

小説の方も揃えたいなと思ったりしました。

ということで、次の週末は、第2作目の、

特捜部Q キジ殺し をレンタルするしかなさそうです。

”節約ドットコム”

FC2Blogランキング




おこづかい稼ぎ最大級のポイントサイト!ネットショッピングで「お得」にお買い物するならポイントタウンを経由するだけ!! 下記バナーからの簡単登録でポイント生活はじめよう!!!
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン アンケートモニター登録 新規モニター登録 ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン クラウドソーシング「ランサーズ」
  1. 2017/05/15(月) 15:00:00|
  2. 映画評論
  3. | コメント:2
次のページ