節約ドットコム

「楽しく節約」をモットーに…

「帰ってきたヒトラー」

「帰ってきたヒトラー」



ただのゆる~い映画だと思って借りてみた。

ヒトラーが、現代にタイムスリップしたらどうなるか?というコンセプト映画です。

確かに、ゆるい映画ではありましたが、

想像していたものとはちょっと違いました。

いい意味で…

コメディタッチの映画をぼーっと軽く観るつもりで借りましたが、

結構、きわどい映画です。

そろそろ、こういう時代に突入したということですかね。

当然、ヒトラーを賞賛した映画ではないですが、

アンチヒトラーの類でもない。

結構ギリギリのラインの風刺をきかしています。

実際のヒトラーは笑えませんが、

ヒトラーを使って笑わせようとしているところがかなりキワどい。

「ヒトラーについてもう一度しっかり考えてみよう」というような重いテーマを前面に出しているわけでもありませんので、

何も考えずに、ゆる~く観ることもできます。

逆に、深読みしようとすればいくらでも出来ますよという、

何のために制作されたのかという点が多少分かりにくい映画ともいえます。

個人的感想としては、現代の人に喚起を促すために作られたようには感じられなかったですね。

「現代にヒトラーが生きていたら」という発想ありきで、発展させた映画のように感じました。

一応ベストセラー小説の映画化ということみたいです。

映画の中では、現代でもヒトラーは受け入れられていますし、

本当に生きていたらその可能性もある気がします。

そういう視点で誤解を恐れず言うと、

実際のヒトラー時代の歴史もヒトラー単品で判断できないのかなと思います。

私は十分楽しめましたし、確かに考えさせられる一面も十分備えています。

その点、バランス感覚の高い映画のように感じました。

観る人によって、違った感想を述べることが出来るのが映画の醍醐味だとすれば、

その点も、クリアしています。

みんなが同じ感想であれば面白くないですし、

この手の映画は、バランスがとれていなければ、

かなり危険な映画です。

でも、映画という手段を使ってこうした「アンタッチャブル」な領域に、

思いっきり風刺をきかせたものを制作することのできる時代に突入したのは、

間違いないのかなと感じました。

それは、ちょっと危険かなと・・・

できれば、変にバランスをとらずに、

何かもう少し注意喚起を促す方向に舵をきった話であれば良かったのかなと個人的には感じましたね。

バランス感覚は最高レベルと言えるかもしれませんが・・・

一応、公式サイトにも「笑うな危険」の文字が見受けられます。

ゆる~い映画を観たいという方にも、

「現代にヒトラーがいたら?」というコンセプトに興味を持たれた方のどちらでも、

それなりに楽しめるのかなと思いますので、

ぜひ、時間のある週末にでも観ていただければと思います。

でもその前に、「公式サイト」を見てから判断した方がいいかもしれません。

映画『帰ってきたヒトラー』公式サイトはこちらの文字をクリックしてください。

”節約ドットコム”

FC2Blogランキング




おこづかい稼ぎ最大級のポイントサイト!ネットショッピングで「お得」にお買い物するならポイントタウンを経由するだけ!! 下記バナーからの簡単登録でポイント生活はじめよう!!!
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン アンケートモニター登録 新規モニター登録 ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン クラウドソーシング「ランサーズ」
  1. 2017/03/14(火) 15:00:00|
  2. 映画評論
  3. | コメント:8

いい映画です。

さて、3月となりました。

時が流れるのは早いですね。

どんどん老いてしまいます。

ところで、「老いる」と「老ける」との言葉には同じようで大きな違いがあるようですね。

「老いる」とは、年を重ねて誰もが通る道。

「老ける」とは、実年齢は関係なく容姿などの見た目が衰えた様子。

・・・らしいので、老けるという言葉は、自分自身の努力次第では一生使われずに済む可能性がありそうです。

この話はこの辺にして、「いい」映画の紹介をしたいと思います。

先月観た中で2本だけピックアップしました。

1本目は、「未来を生きる君たちへ」。



日常の中にある、暴力に満ちた世界を、大人と子供の両方の視点から描いています。

私たちの住む世界は、いたるところに暴力の芽が存在し、

その地雷のような芽をいつ踏んでしまってもおかしくないような、

暴力と隣り合わせで生きていることを痛感させえられる作品です。

そんな世界でもわずかな希望を見つけようと懸命にもがく人たちを丁寧に描いています。

良作です。ストーリーだけでも良質な作品ですが、

映像美も素晴らしい。

どの点とっても特筆すべき作品です。

私は、すぐに感化されるのでデンマークへ行きたくなりました(笑)

ついでに原題は「復讐」となっており、邦題と真逆の意味を持ち合わせていますが、

邦題のおかげで、この作品を手に取るのが早まった気がしますので、良しとしましょう。

原題と邦題が全然違っていて、なんでこんな邦題なんだと思うことはしばしばですが、今回は個人的に成功例です。

2作目は、「しあわせの隠れ場所」。



観たことのある方は多いかもしれません。

実話のようですね。

TSUTAYAの「NOTジャケ借り」企画でこの作品に出合いました。

主演は、アカデミー賞投票者にどうやら好かれている模様の、サンドラ・ブロック。

確かに、サンドラ・ブロックが賞をとるように制作された感は否めませんが、

いい話です。

貧困、ホームレス、人種問題、信仰の問題、など日本よりもはるかに複雑な要素が絡み合っている環境の中で、

善行をおこなうのは難しいはずですが、

映画としてある程度「美化」されていたとしても、

そんなことはとるに足らない、夢や希望、勇気など、強力なポジティブ要素で支配された気持ちのいい映画です。

サンドラ・ブロックのような人が、

家庭に1人いるだけで、職場に1人いるだけで、地域に1人いるだけで、

と考えたとき、「映画だから、作り物だから・・・」とは、言えないような力強さがあります。

というか、本当に、こうした人が1人いるだけで、周囲を幸せにしてくれるのは間違いありません。

と言っても、サンドラ・ブロックは演じただけですけどね。

でも、当たり役ですよ。

「映画とは、国と国の垣根をなくすことね。」とは、淀川長治先生のお言葉ですが、

今日紹介した2作品は、まさしくそのようなものだと感じます。

次、何観ようかなとお悩みの方はぜひ参考にしてくださいませ。

”節約ドットコム”

FC2Blogランキング




おこづかい稼ぎ最大級のポイントサイト!ネットショッピングで「お得」にお買い物するならポイントタウンを経由するだけ!! 下記バナーからの簡単登録でポイント生活はじめよう!!!
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン アンケートモニター登録 新規モニター登録 ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン クラウドソーシング「ランサーズ」
  1. 2017/03/01(水) 15:00:00|
  2. 映画評論
  3. | コメント:8

「歴史は繰り返す」

少々、タイムグラグはありますが、

今週、一番世間を驚かせたニュースといえば、やはり「金正男」暗殺事件でしょう。

まだまだ、タイムリーなニュースの範囲内ということで、幾ばくかのタイムラグには目をつむって頂ければと思います。

これ以上に「インパクト」のあるニュースが出てくるまでは当分、取り上げられそうですから。

と言ってもすぐに新しい「事件」が出てくるのが、現代社会の闇の深さを物語っているひとつの証拠かもしれません。

でも、現代に生きているからそう思うだけで、実は、古代から何も変わっていないのでは?

いけません。また、暗く、重い文章になってしまう予感がします。

危ない!

修正します。

前記のとおり、暗殺の一件が、世界的にみても一定の衝撃を与えたのは間違いありませんが、

もはや、金正男氏が暗殺されたくらいのニュースでは驚きません。

確かに多少の驚きはありましたが、意外にも「暗殺」という点に関して恐怖を覚えるような驚きではありませんでした。

大体、世間(報道)は驚きすぎなのです。

一つ前の最大のニュースは、

やはり何といっても「暴君」トランプ大統領の「登場」、いやいや「誕生」というニュースだと思います。

この時も世間は驚きすぎです。

慌てすぎです。

アメリカという国を「ナメては」いけません。

かのシュワちゃんが、知事になってしまった国です。

レーガンが、大統領になってしまった国なんです。

故横山ノック氏が、知事を務めたのが日本という国なのです。それが政治です。

元気があれば、何でもできる 政治はできるんです。

シュワちゃんは、今、娘とゾンビとの間に板挟みになってしまって、戦っていますよ。(映画「マギー」より。)

トム・クルーズは、サイエントロジーに心酔しきっていますよ。

我らが、ASKAは、尿検査で「お茶」を提出しましたよ。(何のお茶なんでしょうかね?公表したら「馬鹿売れ」しそうですが・・・)

だから、トランプ大統領が誕生したくらいのことで驚くことは何もないんです。

今あげた方々、全員、嫌いになんてなりようがないじゃないですか(笑)

愛嬌がありすぎます。お茶目です。最強です。

金正男についても、トランプ大統領についても、トム・クルーズについても、ASKA氏についても、

もっと掘り下げたいという欲求に従ってこのまま記事を書き続けてしまうと、

危険なにおいがプンプンしますので止めておきます…

ただ、これらそうそうたるメンツの中で、一番のインパクトは「ASKA」氏だと言いたい!

疑わしきは罰せずの大原則なんてもうすでに死語になりつつありますよ。

将棋連盟だってやらかしてくれてますから。

苦肉の策を出したって時すでに遅しですよ。

一度ついてしまったイメージを払しょくするのは大変ですから。

ほらね、冤罪なんてそこら中に転がってるじゃないですか。

ASKAはその点も世間の遥か上を行ったのです。

たかがミュージシャン、されどミュージシャンです。

世間というものを十分すぎるほど知っているのですよ。

とにかく、今日書きたかったのは、タイトルの通り、

「歴史は繰り返す」という昔からある言葉についてです。

ちょっとだけ過去にさかのぼるだけで、十分すぎる、前例があるんです。

昔の人は、さすが良く分かっています。

今より遠く昔の人が、「歴史は繰り返す」ことを身に染みてわかっているという避けようのない事実があるのだから、

それから少しだけ時計の針を進めただけの、現在、そして未来も、同じなのは明白じゃないですか。

そういう風に思うと、日々のニュースに一喜一憂する気も起きません。

イギリスがEUから離脱する時代ですから。

毒殺なんて、人類誕生以来よくある手口です。

こんなニュースに驚く時間があるのであれば、

トム・クルーズ主演「アウトロー(2012年)」の続編、

「ジャック・リーチャー」でも観て楽しもうじゃありませんか。

今回の記事の「真」の目的は、実はこの「映画」を紹介することですから、ぜひとも予告編をご覧くださいませ。



ニュースに踊らされる時間があるのなら、たまには映画でも見て、

人知れず、人の役に立てることはないかと、自問自答するほうがよっぽど大切です。

この映画では、そんな大層なことは学べずとも、

護身術の重要性くらいは、気づかせてくれるかもしれません・・・

”節約ドットコム”

FC2Blogランキング




おこづかい稼ぎ最大級のポイントサイト!ネットショッピングで「お得」にお買い物するならポイントタウンを経由するだけ!! 下記バナーからの簡単登録でポイント生活はじめよう!!!
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン アンケートモニター登録 新規モニター登録 ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン クラウドソーシング「ランサーズ」
  1. 2017/02/19(日) 15:00:00|
  2. 映画評論
  3. | コメント:10

「殿、利息でござる!」

「殿、利息でござる!」

言われてみたいですね~

「殿!殿!利息でござるよ~」

「今月分の利息をお持ちしましたよ~」

いや~、言われてみたい!!!

・・・

私の妄想はここまでにして、

映画のお話です。
(いつもはまだ観ぬ方のためになるべくストーリーに触れないようにしていますが、この映画に関しては当ブログの「節約」というテーマにいくらかの関連性があるので少々の「ネタバレ」があります。ご了承ください。)

阿部サダヲ、瑛太、妻夫木聡、竹内結子、寺脇康文、きたろう、千葉雄大、橋本一郎、
中本賢、西村雅彦、松田龍平、草笛光子、山崎努、重岡大毅、羽生結弦、など

幅広い客層から支持されるようなキャストを揃えていますが、

特に邦画においては出演者が鑑賞するか否かの基準にはならないため、特段の感想は持ち合わせていません。

が・・・、「殿、利息でござる!」と聞いて、

あたかも、家来が殿さまに利息を持って参上して、

殿さまが、利息で儲けているという一連の絵を想像してしまいました。

いや、たぶんそれが普通だろうと思う。

その実、実は、真逆のストーリーであることが、すぐにも判明するのですが、

今でいう「3億円」ものお金を、百姓、町人でかき集め、

お上=お殿様相手に、金貸しを始めようとする物語、というのが大まかな流れとなっています。

時は、江戸時代、所は、仙台藩のとある宿場町、吉岡宿が舞台となっており、

「宿場の復興」を使命として、

全財産をなげうってでも、世のため、人のため、という切なる思いを秘めて、不可能に思えるミッションを面白おかしく描いています。

いい映画です。

間違いありません。

不可能なミッションをクリアして、殿さま相手に「金貸し」を始めても、

殿さまから支払われる利息(年10%)を、儲けとして扱わないのですから・・・

実話を基にした話のようです。

日本の歴史にはこうした「埋もれた」素晴らしい話がたくさんあるはずです。

日本人の、庶民の、慎み深さを痛感させられました。

こうしたところから江戸時代の文化の質の高さが垣間見れます。

そして、今はもうすっかり忘れられている日本人としての教えを見つけることができます。

一般的に、

節約=ケチだと、捉えられがちですが、

個人的には、節約という言葉は、哲学的要素を多分に含んでいるように捉えています。

1人の大きな目的を持った賢者が、事を成すために、計画的にお金を貯め、

周りにいくらケチと言われようとも、慎み深い生活を徹底し、その教えを、子供に託す・・・

もう1人の同じ目的を達成するために、より具体策を持った賢者が現れ、これと合わさった時、

時代が変わった、というと大げさかもしれませんが、

そのような映画です。

キャストについて特段の感想がないのは、前記のとおりですが、

実は良かったりします。

ただ、仙台藩7代藩主、伊達重村の演じ手として、おばさまたちに大人気の「羽生」君が起用されたのは、

仙台出身だからということでいいのでしょうかね?

分かりませんが、彼の演技について語るのはやめておきましょう。

アウェイですからね。フェアじゃありません。

エンディングに流れる、

RCサクセションの「上を向いて歩こう」が良すぎますから。

帳消しです。

私のブログの「節約」というテーマにふさわしい映画だったので記事にしてみましたが、

ご興味を持っていただけましたら、まずは予告編をご覧くださいませ。


松田龍平さんより、格言をいただきました。
「利息を取る側に回るか、取られる側に回るかだ。」
本質を見事についております。
人は、搾取するか搾取されるかの2種類しか存在しないという金融の本質ですね。

この言葉を深追いしてしまうと、今回のせっかくのいいお話が、見事にいやらしい話になってしまいかねませんので、

今日はここまでにしておきますが、

この映画では、結果、利息を取る側に回って丸く収まったので、結果オーライです。

今の世の中、3億円を貯めるのも十分難しいですが、しっかり利息を支払ってもらえる貸付先を見つけるのも難しそうです"(-""-)"

”節約ドットコム”

FC2Blogランキング




おこづかい稼ぎ最大級のポイントサイト!ネットショッピングで「お得」にお買い物するならポイントタウンを経由するだけ!! 下記バナーからの簡単登録でポイント生活はじめよう!!!
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン アンケートモニター登録 新規モニター登録 ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン クラウドソーシング「ランサーズ」
  1. 2017/02/18(土) 15:00:00|
  2. 映画評論
  3. | コメント:10

「君の名は。」

本日、ついに?

「君の名は。」を鑑賞してきました。!!!



アニメーション映画を映画館で観るのはいつぶりのことかさえ覚えていません。

その感想は?

「いやぁ、良かったですよ~」

子供の感想文より低いレベルの感想ですが、

予備知識をほとんど持たずに観たせいもあってか、

思っていた以上の満足感を得られました( ^^) _U~~

今日初めて「君の名は。」を観た私も、十分、世間では遅い方だと思いますが、

まだ観ていない方のために、内容については触れないようにします( ;∀;)

実際私も、レンタル待ちするつもりでしたので。

大体今日は、

4DXというものを初体験しようと、

「「ミス・ペレグリン」と奇妙なこどもたち」という映画を観ようと思っていました。

4DXを体験した方おられますか?

4DXとは、こういうものらしいです。

4DXとは、現在、映画業界で最も注目を集める、最新の<体感型(4D)>映画上映システムです。
モーションシートが、映画のシーンに完全にマッチした形で、前後&上下左右に<動き>、その衝撃を再現。
さらに、嵐等のシーンでは<水>が降り、<風>が吹きつけ、雷鳴に劇場全体が<フラッシュ>する他、映画のシーンを感情的に盛り上げる<香り>や、臨場感を演出する<煙り>など、様々なエモーショナルな特殊効果で、≪目で観るだけの映画≫から≪体全体で感じる映画≫の鑑賞へと魅力的に転換致します。
通常のシアターでは得ることができない特殊効果によって、映画の持つ臨場感=魅力を最大限開放することができる、アトラクション・スタイルの映画上映システムです。

ご興味のある方は、この文字クリックで、UNITED CINEMAS 「CINEPLEX」のHPに飛びます。

とまぁ、本当は、4DX鑑賞してみたかったのですが、

「「ミス・ペレグリン」と奇妙なこどもたち」が微妙かな?と判断。

上映される時間帯も良かったので、「君の名は。」を観ることに決定です。

「大ヒット」する理由が分かった気がします。

やっぱり映画は、観ないと何とも言えませんね~

感想コメントしたい気持ちを抑えて今日はここまでにしておきます($・・)/~~~

ただ、確かに、「RADWINPS」マッチしていましたね( ;∀;)

”節約ドットコム”

FC2Blogランキング




おこづかい稼ぎ最大級のポイントサイト!ネットショッピングで「お得」にお買い物するならポイントタウンを経由するだけ!! 下記バナーからの簡単登録でポイント生活はじめよう!!!
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン アンケートモニター登録 新規モニター登録 ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン クラウドソーシング「ランサーズ」
  1. 2017/02/12(日) 15:00:00|
  2. 映画評論
  3. | コメント:8
次のページ