節約ドットコム

「楽しく節約」をモットーに…

眠れない日々

先般の記事で、いくつかの薬を断薬していること、

しかし、睡眠導入剤だけは飲んでいるという記事を書きました。

実は、3日前、試しに毎晩飲む導入剤も一旦やめようと思いました。

結果、

いや~、眠れないですね。見事に・・・

この3日間、朝7時まで寝付けていません。

と書くと7時以降に少しでも寝ているような印象を与えてしまいますが、寝れるわけありません。

昼間に、15分間くらい目を瞑ってわずかな休息を取っています。

さすがに、2日目は眠れるだろうと、ベッドに就くと、眠くて目がしばしばしていても、かえって眠れないのです。

ということで、2日目も7時までベッドの上でゴロゴロやっておりました。

3日目の昨晩、夜8時頃に一瞬だけ睡魔がやってきました。

おぉ、懐かしい感覚と思ったのもつかの間、朝までその睡魔は出現しませんでした。

睡魔がないというとおかしな話で、ず~っと目が起きた状態ではありません。

まさしく72時間以上の不眠不休状態です。

そんな中、工事現場でドローンを飛ばしに炎天下の中出動しなければいけません。

薬を飲んでいても365日耳鳴りが続いていましたが、

72時間も眠らないと、方耳が詰まってしまってもう聞こえないような状態で、

手は震えるし、日中の記憶はないし、みたいな感じです。

危険ですが、まだ病院に通って薬をもらっていなかった学生時代はほとんど毎日こんな状態でしたので少し懐かしくもあります。

ただし、さすがに、体力の限界。

今晩から、薬を飲みます!

これ以上は危険です。

今でも意識が朦朧としているので、薬に頼らずとも眠りにつけそうですが、

交感神経が覚醒してしまっています。

元々、この薬は朝昼晩、そして、眠りに就く前の1日4回服用していました。(薬が血中から抜けてしまわないように常に飲み続けないといけませんでした。)

そうしないと交感神経を抑えられないからですが、さすがに寝る前だけはもう少し飲み続けないといけないなとそう思います。

無理な断薬を行っては意味がないですから、

ちょっと試しに・・・というのがいい結果につながりました。

完全な断薬はまだまだ早いぞと。

医師に診断を仰いでも医師にとってまったく共感できないところですから、

適当なことしか言ってくれませんから、自分で試していくしかありません。

導入剤をやめたいのには理由があって、仮に眠りにつけても、朝がつらいのですよね。

眠らずに仕事するより、薬に頼って眠ったはいいが、薬が抜けきらないままに仕事をする方がよっぽどつらかったりします。

この調子じゃ、断薬成功までずいぶんかかるぞ・・・と、

覚悟をした次第であります。

”節約ドットコム”

FC2Blogランキング




おこづかい稼ぎ最大級のポイントサイト!ネットショッピングで「お得」にお買い物するならポイントタウンを経由するだけ!! 下記バナーからの簡単登録でポイント生活はじめよう!!!
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン アンケートモニター登録 新規モニター登録 ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
  1. 2017/07/29(土) 15:00:00|
  2. 雑談
  3. | コメント:0

人の器(うつわ)のお話

籠池氏が、田中角栄元首相とロッキード事件を引き合いに出し、

元首相が逮捕された日と同じだと吐き捨てて地検に出頭していった。

なんてひどい芝居なんだろうと呆れましたが、こうした政治の話は極力避けたいと思っています。

政治じゃないんですけどね。

政治の話だけじゃなく、ゴシップ的なものもあまり書きたくない。

大したブログではないが、私のブログが汚れてしまうから・・・

とにかくこんな小芝居、笑いの要素がなければ耐えられない。

なのに、笑いの要素が全くない。

小人ほど、大きな人物を例に挙げて、自分を比較対象としてしまいます。

別に、田中角栄元首相に対して思い入れがあるわけでもありませんが、

良くも悪くも比較対象とはなりません。

スキャンダルな要素も小さなもので比べようがないからです。当然人物的にも。

これはすべて前置きです。

このニュースを見てふと思ったことを書きたかった。

田中角栄氏は、菜根譚を愛読していたと言います。

菜根譚という名著はこの言葉から始まります。

「人生に処して、真理をすみかとして守り抜く者は、往々、一時的に不遇でさびしい境遇に陥ることがある。

(これに反し)、権勢におもねりへつらう者は、一時的には栄達するが、結局は、永遠に寂しくいたましい。

達人は常に世俗を越えて真実なるものを見つめ、死後の生命に思いを致す。

そこで人間としては、むしろ一時的に不遇でさびしい境遇に陥っても真理を守り抜くべきであって、

永遠に寂しくいたましい権勢におもねる態度を取るべきではない。」

まさにその通りではありませんか?

私は中国の「宋」とか「明」とか、日本ではあまり取り上げられない時代に興味があります。

劉伯温(劉基)という明初期の政治家に一時期熱を上げました。(今でも変わりありません)

菜根譚は、明の末期時代に遺されたものです。

常に手元に置いていて少し時間のある時に、噛みしめます。

菜根は堅くて筋が多い、これをかみしめてこそ、ものの真の味わいが分かる。

というその意味通り、一読しただけでは何も味わえず、何も得られないほど深い言葉が満載です。

今日は本当は、遠藤周作のエッセイの一話について書こうと思っていたのですが、

そんなところ、変なニュースが横で流れてしまったので、私の軽い心も容易く流されてしまいました。

前置き部分で書かれている人物に対して特段の思いはありませんのであしからず。

菜根譚の前置きにしたかっただけですからね。

やっぱり現役の特定の人の名前を出して記事を書くのはどうも気が進みません。

褒める記事であればいいのですが。

先日名前を出した松居女史には私は「いいね!」したいぐらいですからね。(してませんよ(笑))

悪人か善人か、という基準じゃないです。

人を笑わすことができるのは大きな才能ですから。

もうすでに息切れしてしまって、手詰まりしてしまっているのでしょうが、

分かっていましたよ、こんな劇場が長く続くはずがないと。

でも私は、あのクオリティーを保ってさえもらえれば、何年でも付き合えるバラエティだったんですけど。

残念。

巻き返しておくれ~

最近、トランプ氏もまったく面白くないですしね。

えっ?それどころではない?

刈上げ君の対処に?

なんてクダラナイ文章を書いているんだ私は!

そうです。平和ボケしていますからね。

だけど、何が起こってもおかしくない。

と覚悟して生きていますから。

このくらいの世界情勢のことを笑えないと、戦時中生きられた方に失礼です。

両人に通じることですが、信念や真実なんていうのは第三者につまびらかにする必要はないんです。

ただし自ら選んで不必要な言葉を発する以上、

その不必要な言葉にもセンスが問われます。

そのセンスで、その人の信念や真実を人は理解するのですが、自分の口で言いたがるのは人としての性・エゴでしょうかね。

強烈な反面教師となり得る、定期的に表れる、このようなエゴ主義者を馬鹿にしてはいけないなと思います。

「中傷者として歩き回るものは内密の話をあらわにし・・・」

「愚か者の道は自らの目に正しい

しかし助言に聞き従う者は賢い。」

どうやら、やはり旦那さんに圧倒的な利があるようです。

ということで、今日はこの辺で、

『さよなら、さよなら、さよなら』

”節約ドットコム”

FC2Blogランキング




おこづかい稼ぎ最大級のポイントサイト!ネットショッピングで「お得」にお買い物するならポイントタウンを経由するだけ!! 下記バナーからの簡単登録でポイント生活はじめよう!!!
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン アンケートモニター登録 新規モニター登録 ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
  1. 2017/07/28(金) 15:00:00|
  2. 雑談
  3. | コメント:1

お気に入りの映画は何ですか?

お気に入りの映画について何度か書こうとしたことがあります。

そのたびに挫折しました。

無数にある映像作品の中から、1作品を選ぶことは至難の技、いや、選ぶことのできないものですが、

仮に、1作品に絞って、お気に入りの作品についての記事を書こうとすると逆にまともな記事になりません。

言いたいこと、伝えたいことがまとまらず読みにくい記事になってしまうのです。

思い入れが強すぎて、私の技量がついていきません。

たいていのものは、とにかく書いて、後は省く作業に徹すればいいのですが、

やっぱり難しいなと、今年に入って何度かしたチャレンジ記事も削除しました。

そんなところ、私が映画好きなことを知った最近知人になった人から、一番好きな映画は?という純粋な質問を受けました。

訪ねた当人からすれば、何気ない質問でしょうが、私にはやはり選べません。

でも何か答えないといけないので、こういうときはいつも決まって、「ゴッドファーザー」だよという鉄板文句で返します。

特にパート1ですが、これに関しては、何度か記事中につぶやいたこともあります。

でも、一番、影響を受けたのは、まちがいなく「マイ・フレンド・フォーエバー」なんですよね。

これも何度か記事中でつぶやき程度に書きました。

こうしたお気に入り作品として紹介したい映画がいくつかありますが、どれも筆が進みません(笑)

なので今日もつぶやき程度にしておきます。

多分、1作品で1記事書こうとすると、またゴミ箱行きの記事が出来あがってしまいますので・・・

ところで、皆さんのお気に入りの映画はどういったものでしょうか。

よくいい映画だと言われるものがあります。

それこそ、「ショーシャンクの空に」なんかは鉄板作品としてよく挙げられていますね。

ティム・ロビンスはいいですが、私はお気に入りに入れるほどの作品ではありません。

「ライフ・イズ・ビューティフル」。

これは、いいですね。ロベルト・ベニーニ最高です。

「素材」が確かで、起承転結、「オチ」までしっかりしていて、100点満点でしょう。

キューブリック作品やヒッチコック作品も、まぁ、それなりに影響は受けました。

「フォレスト・ガンプー・一期一会」もよく聞きます。

でも個人的にはいまいち。

「タイタニック」・・・、ディカプリオで成り立っています。ディカプリオは良い俳優です。

タランティーノにも影響を受けましたよ。影響というより、上手いなと。

感心しました。

衝撃という意味では、なかなかの衝撃を受けましたね。

「スタンド・バイ・ミー」、これも私は特にコメントはありません。

挙げればきりがないですよね。

「明日に向かって撃て!」「ワイルドパンチ」「シェーン」「七人の侍」等の西部劇もたくさんあります。

「OK牧場の決斗」なんかもあります。

「男たちの挽歌」「インファナル・アフェア」の香港ノワールも忘れてはいけません。

おっと、「Mr.Boo!ミスター・ブー」もありました!

この中なら、インファナル・アフェアが圧倒的ナンバーワンですね。

私はインディペンデント映画もよく見るのですが、そんな中にもたくさんの名作があります。

1つ1つ丁寧に紹介していきたいところですが、

当面の間は、記事の中に小出しにしていく形でやっていければと勝手ながら思っております。

そこでもう一度お尋ねします。皆さんのお気に入りの映画は何ですか?(自分は選べないと言っておきながら身勝手な質問ですが(笑))

”節約ドットコム”

FC2Blogランキング




おこづかい稼ぎ最大級のポイントサイト!ネットショッピングで「お得」にお買い物するならポイントタウンを経由するだけ!! 下記バナーからの簡単登録でポイント生活はじめよう!!!
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン アンケートモニター登録 新規モニター登録 ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
  1. 2017/07/27(木) 15:00:00|
  2. 映画評論
  3. | コメント:8

お金について書かれている本の内容

いやらしい話、お金に関する本を年間何冊か読みます。

1年に数冊なので大した量ではありませんが、昔からどの本にも同じことが書かれています。

1、収入を増やす努力をしろ

2、先取り貯金をしろ(給料の4分の1くらいがよく薦められています)

3、固定費の削減を徹底しろ

4、投資しろ

5、使うべきは惜しみなく使え(特に自己投資について)

だいたいこの5点が著者それぞれの言い方で書かれています。

これを読んで、私は簡単だなと単純に思ってしまう人間ですが、

難しいと感じる方も大勢おられるかもしれません。

だけど、このように書かれているのは真実そのものだと思います。

投資は後回しにしても、そのほかの4点は心がけ次第で何とかなりそうです。

給料の多い少ないという根本的問題をよくいわれますが、

節約や貯金には、多い少ないはあまり関係ありません。

お金の価値についてどれだけ掘り下げて考えられるか、

そして、その価値観をどれだけ徹底できるか、にかかっているような気がします。

お金は天下の回り物、なんかじゃありませんからね。

勉強あるのみです。

お金の勉強のためにそれらの本を読んでもいいですが、たいていの本は上記のような内容です。

なので、本を買うお金のムダかもしれません。

立ち読み程度でながし読みするくらいでちょうどいいような気がします。

それより、どうやって一円でも多く収入を増やすか。

固定費の削減に努めるか。

投資はどうやってするか。こればっかりはやりながら覚える。それが一番の勉強法ですね。

本当に少しでも、貯金できる金額を決めてそれを実行できる習慣ができたとしたら、

ただ貯金しているだけでは、お金は増えないので、

3%とか5%とかの複利を目指して運用することが大切になっていきます。

まさに、お金がお金を稼いできてくれるという状態にするのです。

3%とか5%というのはあながち無理な数字ではありません。

というより、控えめな数字だと思っています。

無理な投資をすると、資産を一気に減らしたというような体験談もよく聞きますし、実際そういったこともあるのかもしれませんが、

投資=株だとか、投資=難しいというのは日本人ならではの固定概念です。

いろんな形で、資産形成することのできる時代です。

それぞれに合った方法が必ずあります。

個人的に、

節約~資産運用までの一連の流れは、哲学だと思っています。

モノの価値を見極めるという作業が必須となります。

目に見えるモノだけでなく、見えないモノというのもたくさんいます。

それにどれだけの対価が妥当かという判断を常に下し続けないといけません。

まだまだ未熟者の私ですが、

お金の奴隷にはなりたくありません。

その思いだけでやってきました。

お金を稼ぎたいという思いを強く持たず、

節約することならできるじゃんという単純な思いです。

性にあっていたのでしょうね。

もともと、無駄なことが嫌いな人間だったので、

お金だけでなく、時間や、言動、

損得勘定とは違いますが、省エネ運転でやってきました。

それでも、最低限のお金は必要ですが、

それ以上を求めて無為な時間を過ごしてしまうより、

有益な時間を送りたいなと思います。

なかなか、人生とお金の折り合いを見つけるのは大変ではありますが、

バランス感覚がかなり問われるところなので、やりがいがあります。

大した記事でなくてすみません(笑)

皆さんの時間を奪ってしまいました。

プライスレスの記事を書くことができるように頑張っていきますね。

”節約ドットコム”

FC2Blogランキング




おこづかい稼ぎ最大級のポイントサイト!ネットショッピングで「お得」にお買い物するならポイントタウンを経由するだけ!! 下記バナーからの簡単登録でポイント生活はじめよう!!!
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン アンケートモニター登録 新規モニター登録 ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
  1. 2017/07/26(水) 15:00:00|
  2. 節約
  3. | コメント:4

私の節約思考の根本はドイツ文化から

山々は

しずかに安らぎ

こずえの上には

風のそよぎも

感じられず

森のなかに鳥の声も聞こえぬ

待て 君のもとにも

やがて安らぎが訪れよう

この、ゲーテの「さすらい人の夜の歌」は、あまりにもドイツ的な詩です。

ドイツの、メランコリックに対する憧れについて、最近乱発していますが、

ドイツ文化をこれ以上分かりやすく表した詩はありません。

山々は・・・、これが全てです。

ドイツ文化は、山々から発しています。

森の中から、それも深~い森の中から産声を上げました。

ドイツの冷たいお国柄、道路や建物等の計画的な街造り、

自然的なものを排除しつくし、人工的な美を追求してしまって人に与える冷たさとは正反対です。

しかし、自然の中からドイツ文化は生まれたと言って断言しても大きな語弊はないのではないでしょうか。

シューベルトの「菩提樹」はメランコリーを求めたときに最強のものです。

菩提樹からの、マーラー「さすらう若人の歌」を聞くのが、私のお気に入りです。

今日は、そのお気に入りのコースを聞きながら、眠りに就く段取りです。

昨日は、プレヴィン弾き振りの「ラプソディー・イン・ブルー」を聞いてしまって、目が覚めてしまいました。

プレヴィンは、私のお気に入り指揮者・ピアニストの一人です。

しかし今日は、なんだかメランコリックなものを心が欲していますので、菩提樹から、長い夜を始めようと思います。

クラシックを聴いて寝るなんて、なんだか余裕があるような感じを与えてしまいますが、

実は、心に余裕のない時ほど、クラシックを欲してしまいます。

聴くだけで頭が良くなればいいんですけどね~

それはさすがに期待しすぎですね。

子供のころからクラシックとともに歩んだ人生ですが、この程度ですからね笑

頭が良くなるのを願うより、健忘症にならないように祈るほかない年齢です。

自分ではどうしようもありませんが、その時のために、人様に迷惑をかけない程度の余裕は持っておきたいですね。

いろいろ、悩ましい年齢になってしまいました。

年齢を隠すつもりはありませんが、固定イメージを避けるためにも、やめておきましょう(笑)

多分皆さんのご想像通りの年齢だと思います。

常連ご訪問者の皆様は、読みが深いですからね~

違ったタイプのブログを運営されている方ばかりで、毎日記事を読むのを楽しみにしています。

最近は、毎日訪問できているわけではありませんが、それでも、時間のある限り読ませていただいています。

不思議なことに、私の大好物のメランコリックな記事を書かれる方も多いですしね。

コメント残しが難しい時もありますが、大目に見て下さい。

それではこれから、菩提樹の旅へと出てまいります。

”節約ドットコム”

FC2Blogランキング




おこづかい稼ぎ最大級のポイントサイト!ネットショッピングで「お得」にお買い物するならポイントタウンを経由するだけ!! 下記バナーからの簡単登録でポイント生活はじめよう!!!
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン アンケートモニター登録 新規モニター登録 ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
  1. 2017/07/25(火) 15:00:00|
  2. 節約
  3. | コメント:4
次のページ