節約ドットコム

「楽しく節約」をモットーに…

大きな誤解

暗く悲しい話になりますが、

近頃、私の地域で、ひき逃げ事件や殺人事件が立て続けに起こりました。

新聞や報道でそのことを聞くとたいていの人が、

「怖いなぁ、えらい時代になったもんだ」などと、いかにも他人事であるかのような口ぶりで話し始めます。

半分正解で、半分不正解。

確かに怖い。

私の周りに限らず、このような「悪行」や「罪」について誤解している人が多いように感じます。

ひき逃げ事件や身近に起こった殺人事件で恐怖を覚えるのは当然です。

でも、悪行というのはほとんどの場合、行為が形に残るものではないような気がします。

しかし、本当に誰かの血が流れないと気づかない。恐怖を覚えない。

本当の悪や罪は、血なまぐさい行為だけではないですよ?

全ての悪行に邪悪な欲望と関係性があるわけではないですよ?

反道徳的行為や反社会的行為だけではないですよ?

なぜ、行為としてはっきり表れたものに限定するのですか?

こういう誤解はテレビドラマにも顕著に表れているような気がします。

復讐や殺人のようなものは確かに行為の結果として恐怖を覚えます。

でもそれは実は例外では?

大抵の場合、いやらしいほど陰険で、実体のない隠微なもので、ジメジメと湿ったものではないでしょうか。

テレビドラマのように意識的に悪を働く人間というのは実はほとんどいないはずです。

本人さえ自覚していない無意識の中で悪は進行していくように感じます。

大体、罪深い行為だと自覚しながら罪を起こすということは少数のはずです。

罪という重圧に耐えられる人はそんなにいません。

そんな思い重圧に耐えられる人間なら罪を犯す方がよっぽど大変です。

仮に、自分の悪行を理解しながら行為をするときでも無意識的に己の正当化は絶え間なく行っているはずですから。

結果という形に現れず、実態がつかめず、本人にその自覚がないまま、罪悪行為が行われているのが本当の怖さです。

なぜテレビではそこを取り上げない?

作る側の問題か?

受け手の問題か?

そもそも私の誤解なのか?

罪が表に現れだして、周知されてからではもうとっくに手遅れじゃないですかね。

表に出ていない、誰にも知られない、潜伏期間が危険なんですよ。

殺人事件も起こしてしまえば、捕まるだけですから。

一番怖いのは、犯人となる人物が行動を起こす前、狂気を隠し持っているときですよ。

物事は簡単に「善」と「悪」で分けられません。

善と悪の中間が人にはあります。

理性でもって行為を止めることができれば結果、悪にならないだけで、

悪になってしまう火種を抱えてしまっていることはしばしばでしょう。

「そんなこと言ったって、誰がどのような狂気を隠し持ってるのか事前に分かるわけないだろ」という声が聞こえてきます。

勿論分かりっこありません。

でも、注意はできます。

結果しか見ようとしない人は、注意さえできません。

だから、自分自身のうちにある狂気はどうだろうかと、自分を含めて注意しなければいけません。

自分があちら側にならない確証さえありませんから。

ここまでの気持ちはさすがに口に出しませんが、

これに近いことをたまに言ったりします。

でも、全く理解してもらえないですね。

息が詰まるからでしょう。

私のような考え方では、「人を信用したり信頼したりできるわけないじゃないか」とよく言われます。

理想論とも言われますね。冷たい人間だとも言われますし、直接言わずともほとんどがそう思っているでしょう。

これも半分正解で、半分不正解。

理想論者は実は真逆の現実主義者であることを知らない。

世の中って不思議なものです。

現実の中でもがいている人ほど、現実を見ていない。見えていない。見ようとしない。

一見、理想論を唱えているような人ほど、現実世界に圧倒されている。

「人は信用し合わないといけない」と言ってる方が、鳥肌物の理想論ですよ?

人を信用し、信頼するのは当たり前です。

でもそのための準備が必要です。

自分自身を信用できない人が人を信用することはできないですからね。

自分は信用できると思い込んでいる人が多いことが怖いんですよ。

どれほど高度でどれだけ高い基準をもって、自分を裁いているのか知りたいですよ。

そんなもの持ち合わせていないことは知っていますから。

そういう人を信じられますか?みたいな話はやっぱり息が詰まるでしょうね(笑)

でも、現実的でしょ?

とにかく、殺人などの目に見える悪行は人類が誕生して以来ずーっと途絶えずに続いているもので、

今の時代が特別にどうこうの話ではないという大きな誤解を解かないと、延々と同じ繰り返し。

時代がいくら変わっても、

今の世代の子は・・・

私たちの時代はこうだった・・・

みたいなのが続いていく。

そんなやり取りを延々と続ける方が気が遠くなるほど息が詰まりますけどね。

話を戻しますが、

個人的は、目に見えない陰湿で隠微なものの原因となるものが多様化しているところに恐怖を感じているのですが、

私の誤解であるのであればそれが一番いいことです。

嬉しい誤算、否、嬉しい誤解ということになります。

なんだか皮肉めいていますが、心底そう願います。

最後に、冷たい人間とは実は真逆のタイプであるからこそ、こんな駄文を書き連ねているということを一言添えておきます。

”節約ドットコム”

FC2Blogランキング




おこづかい稼ぎ最大級のポイントサイト!ネットショッピングで「お得」にお買い物するならポイントタウンを経由しよう!! 下記バナーからの簡単登録でポイント生活はじめよう!!!
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン アンケートモニター登録 新規モニター登録 ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン クラウドソーシング「ランサーズ」
  1. 2017/03/26(日) 15:00:00|
  2. 雑談
  3. | コメント:3

マクロミル 2月分 獲得ポイント結果発表

遅ればせながら、

先月(2月)分のアンケートモニターサイト「マクロミル」で稼いだ獲得ポイント数を発表したいと思います。

事前アンケート回答数  219件

本アンケート回答数    41件

獲得ポイント総合計   2219ポイントとなりました。

showInvitationMailDeliveryAction.png

2月は、日数自体が2、3日少ないので、1500ポイントを目標としていましたが、

かなり善戦しました。

マクロミルで貯めたポイントは、

毎月末までに指定口座への振り込み依頼をしておけば、

翌月20日までに振り込まれるようになっています。

20日が休日の場合は翌営業日の振込だったと思いますので、今月は21日あたりに2000円振り込まれているでしょう。

かなり「コツコツ」「地道」なアンケートサイトではありますが、

馬鹿に出来ませんからね。

何もしなければ何も生み出しませんから。

という思いで、やっております。

アンケートに答えるのをツラく思えるようになってしまったら継続するのは難しくなってしまいます。

アンケートは答える側の立場だけのことを考えると、何も面白みのないたった2円~の積み重ねに何の意味がある?

と思ってしまいがちですが、アンケートを配信してくる企業は、一般消費者の本当の意見=本音を聞きたいと思って、

お金を支払ってまで統計を取ろうとしているので、

アンケートは答える側だけじゃなく、もちろん作る側だけでもなく、

両方がウィン・ウィンの関係になって始めて成立するものです。

そう考えると、適当に答えることはできませんし、

相手の気持ちをおもんぱかって、また、その意図を汲み取りながら答えていくことで貴重な立場にいることを痛感します。

何気なく答えた意見が、その後の商品開発の行く末に何らかの形で反映されるかもしれません。

そういう貴重な体験をお金を貰いながらさせてもらえるという一面もあるような気がします。

是非皆さんもこの機会に、アンケートモニターサイト一番人気の「マクロミル」に参加してみませんか?

マクロミルへの簡単登録は下記バナーをご利用ください。
アンケートモニター登録

”節約ドットコム”

FC2Blogランキング




おこづかい稼ぎ最大級のポイントサイト!ネットショッピングで「お得」にお買い物するならポイントタウンを経由しよう!! 下記バナーからの簡単登録でポイント生活はじめよう!!!
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン アンケートモニター登録 新規モニター登録 ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン クラウドソーシング「ランサーズ」
  1. 2017/03/25(土) 15:00:00|
  2. ポイントサイト
  3. | コメント:11

孫氏の極意~偽紳士のワナに陥るな編~

「孫氏」の兵法についての記事が3回目になってしまいました(笑)

孫氏の兵法はただただ勝負に勝つためにはどうしたらよいかの一点だけを見据えて幾重にも渡って論じていることは、

私が多分に自己解釈を含めていたとしても明白だろうと思います。

孫氏の重要なエッセンスは、勝つためには「ジェントルマン=紳士にはなるな!」という気がします。

言葉だけでは誤解を招きかねませんので、ちょっと例え話を書いてみます。

「宋襄(そうじょう)の仁」という言葉があります。

この言葉の由来は、「泓水(おうすい)の戦い」とよばれる「宋」と「楚」の戦いでのある出来事です。

この時の、宋の君主である襄公は、春秋五覇の一人として数えられています。

春秋五覇とは、春秋時代と呼ばれる中国史の中で、

他国をまとめることのできる力を持った覇者のことを指します。

春秋時代の次の時代を戦国時代と言い、これらを合わせて春秋戦国時代と言われています。

その後、春秋戦国時代を終わらせたのが中華史上初めて天下統一という偉業をなし得た秦の始皇帝。という時代背景ですね。

前置きが長くなりましたが、この泓水(おうすい)の戦いで、

宋の襄公はまともに楚と戦っても勝てるとは言い難い中で、

敵の楚軍が川を渡ってこちらに迫ってきました。

そこで、「敵が川を渡り切って戦うのではなく、川を半分渡った時の敵を叩きましょう」という部下の進言に対して、

襄公は、「人が困っているときに更に困らせてはいけない」と、

紳士な対応をとります。

そんな戦い方は非情だと思う優しい心の持ち主です。

今では美談になるかもしれません。

でも結果は、当然、負けました。

負けたからこそ、美談になるのかもしれません。

でも本当にそうでしょうか?

川を半分渡ったときの敵を叩いてしまえば、相手の兵力が半分の時やれるわけで、

川の中の敵は逃げることもできずにこちらが何もしないでも流されてしまいます。

それをやらずに、上陸させ、相手がしっかりと陣をはったところで、正々堂々と戦争をし、負けてしまう。

これでは、ジェントルマンの履き違えだと感じます。

それはなぜか。

確かに、紳士な心の持ち主かもしれませんが、

自軍の兵を無駄死にさせています。

敵の兵力が半分の時に叩いてしまえば、自軍のみならず敵の兵の死もかなり防げます。

そして、勝利も得られたかもしれません。

これでは、誰も得をしていません。

襄公の紳士な戦い方のせいで、被害を何倍にも拡大させています。

孫氏の兵法の重要なメッセージは、「宋襄の仁」になるなということにあります。

要は、ええかっこしいになるな!です。

なぜなら、孫氏の極意は、誰でも知っている「戦わずにして勝つ」ですから。

今回の例えは、それにピッタリではないでしょうか。

戦わずして勝てたものを、襄公のええかっこしいのおかげで、

戦にも負け、何倍もの死人を出してしまいました。

「宋襄の仁」という言葉は広辞苑ではこう説明しています。

無益のなさけ。時宜を得ていない憐れみ。

以前の記事で、「馬鹿正直になるな」「詭道(きどう)=騙しこそ王道」だと書きましたが、

馬鹿正直の何がいけないか、という点で今回「宋襄の仁」を例に出して書いてみました。

誰でも陥ってしまいそうな、偽紳士のワナ、この辺の見極めが実生活の応用では難しいところですね。

”節約ドットコム”

FC2Blogランキング




おこづかい稼ぎ最大級のポイントサイト!ネットショッピングで「お得」にお買い物するならポイントタウンを経由しよう!! 下記バナーからの簡単登録でポイント生活はじめよう!!!
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン アンケートモニター登録 新規モニター登録 ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン クラウドソーシング「ランサーズ」
  1. 2017/03/24(金) 15:00:00|
  2. 雑談
  3. | コメント:2

〇〇は寝て待て!

「熟したテーマは、向こうからやってくる」

フランスの文豪、バルザックの言葉です。

妙に納得します。

たかだが、何百字程度のブログの記事を書くだけの私にもなんとなく理解できたような気持ちになる。

「熟した」というところが、この言葉の重要な点なんだろうと思います。

何かの考えを熟すには、もととなる「素材」が必要です。

その素材を書き留めておき、脳裏に焼き付け、ほおっておく。

そうすることで、時間とともにただの「素材」だったものが、熟し発酵していくというような感覚は、何も高名な作家でなくても誰もが経験したことがあるのではないでしょうか。

素材が熟し、発酵する。

当然発酵するには時間がかかりますが、ひとたび素材を寝かせたら後は勝手に発酵してくれるのを待つだけです。

「機が熟す」という言葉もありますね。

十分に熟していないと、何か行動を起こしても良い結果は得られないので、

十分に機会を熟す(丁度よいときまで待つ)必要があります。

これと同じで、素材を十分に寝かしてあげて、自然と熟されて向こうからやって来るのを待つ。

こうした発酵までの過程を経たものは、

自然と考えがまとまり、すらすらと文章が書けるという具合ですかね。

これはとても理想的です。

熟していないテーマで文章を書こうとすると、まだしっかり熟されていないため、

かなり無理やり感のある、ともいえば、押しつけがましい、

本人でさえよく理解していないままモノを書いてしまうことになり、

当然、まともな文章にはなり得ません。

「熟したテーマは、向こうからやってくる」の境地に至るには、

仕込みが大切です。

テーマになり得る素材を日ごろから集めることが必要になってきます。

残念ながら、探し回って見つけられるものでは無いように感じます。

幅広い視点を身に付け、

さまざまな角度から物事を見れるように習慣づけること、

感性を磨いていくこと、

など、自分を甘やかさずに律していくことが大切なのかと思います。

素材は、実は足元に転がっています。

でも、それを見つけられない。

それをうまく拾い上げられない。

だからこそ、そうしたものを見つけ拾い上げる術を身に付ける必要がある。

そして、うまく拾い上げることができたら、寝かせてあげる。

そして熟されるのを待つ。

幾重の過程があり面倒くさい感じもするでしょうが、

これを一度癖づることができれば、あとはその繰り返し。

その過程を改良できるのであれば改良していけばよい。

みたいにやっていきたいなと思います。

うまく素材を見つけられたとして、

それが十分に熟されるのかはその人の力量にもかかっているでしょうが、

こうした境地の中で日常生活を送りたいなと思います。

”節約ドットコム”

FC2Blogランキング




おこづかい稼ぎ最大級のポイントサイト!ネットショッピングで「お得」にお買い物するならポイントタウンを経由しよう!! 下記バナーからの簡単登録でポイント生活はじめよう!!!
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン アンケートモニター登録 新規モニター登録 ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン クラウドソーシング「ランサーズ」
  1. 2017/03/23(木) 15:00:00|
  2. 雑談
  3. | コメント:12

薬漬け

漢方薬を含めて4種類の内服薬を飲んでいます。
もう2年間くらい飲み続けています。
朝起きてから夜寝るまで薬漬けです。
それぞれの薬の推奨摂取量ギリギリの用量を飲まされています。
漢方薬に関しては効果を感じたことさえありません。
4回も番号変えたんですけどね。
それでも子供のころからのひどい不眠症は睡眠導入剤によって助けられています。
そのため朝の目覚めはよくありません。
だからと言って導入剤をやめると眠りにつけません。
いつになったら断薬できるんですかね~
このまま飲み続けて強い薬じゃないと効果が得られないなんて状況になるのだけは勘弁してほしい。

セカンドオピニオン・・・
でもいまさら一から症状を説明するのも面倒ですからね。
しかも結局はほとんど同じ薬の処方に落ち着くでしょうからね。
変えられるのは多分漢方薬の番号だけ・・・
隔週で通う病院は朝早いからそろそろ通院すること自体がツラくなってきましたよ。

ある意味ドラッグ中毒になってしまってますから。
そろそろ、身体から薬を抜かないといろいろ負担がありそうです。
断薬による禁断症状・離脱症状にも耐えてみますよ。

薬を処方して「はい、おしまい」という診察程あきれることはありませんから。

でもこちらも、薬目当てで行ってるから何とも言えないですけど。

おかげで、薬の知識だけは自身がありますよ。

高いお金を払ってるのだからそのくらいの知識は吸収しないとね!

結局行きつくところ、自然治癒力で何とかするほかないのでしょうかね~

”節約ドットコム”

FC2Blogランキング




おこづかい稼ぎ最大級のポイントサイト!ネットショッピングで「お得」にお買い物するならポイントタウンを経由しよう!! 下記バナーからの簡単登録でポイント生活はじめよう!!!
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン アンケートモニター登録 新規モニター登録 ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン クラウドソーシング「ランサーズ」
  1. 2017/03/22(水) 15:00:00|
  2. 雑談
  3. | コメント:14
次のページ